PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】モラエイとムキの初対決なるか?/グランドスラム・テルアビブ2021第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)

(2021年2月19日)

※ eJudoメルマガ版2月19日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】モラエイとムキの初対決なるか?
グランドスラム・テルアビブ2021第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
第1シードはトハル・ブトブル(イスラエル)

→グランドスラム・テルアビブ2021組み合わせ(公式サイト)

文責:eJudo編集部

■73kg級 シード選手8名が軸も、勝者の予想つかぬ混戦階級

(エントリー45名)

メダリスト候補たちの後を追う、階級の第2グループが中心となった混戦トーナメント。1人単体でトーナメントの軸となれるようなスーパートップは出場しておらず、事前予測の段階で優勝候補を絞り込むことは難しい。実績と地力で言えばラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)とトミー・マシアス(スウェーデン)がやや抜けている印象だが、下記の有力選手リストに挙げた全員にチャンスがあると言っていだろう。第1シードは、攻撃力や戦術といったバロメーターの平均値の高さをテコにランキング上位をキープしているトハル・ブトブル(イスラエル)。トーナメントは8名のシード選手を中心に進むと予想され、そこにファビオ・バジーレ(イタリア)、ベフルジ・ホジャゾダ(タジキスタン)らシードから漏れた強豪が挑むというのが大枠の構図だ。

ワールドツアーの常連組以外では、昨年のヨーロッパ選手権王者のヴィクトル・ステルプ(モルドバ)とニルス・スタンプ(スイス)の若手2名に注目したい。いずれも体の力の強さと懐の深さを生かした力強い柔道が持ち味だ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る