PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】ビロディド、ケルメンディ、シジク、本命たちのミッション達成なるかに注目/グランドスラム・テルアビブ2021第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)

(2021年2月18日)

※ eJudoメルマガ版2月18日掲載記事より転載・編集しています。
ビロディド、ケルメンディ、シジク、本命たちのミッション達成なるかに注目
グランドスラム・テルアビブ2021第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
ダリア・ビロディド(ウクライナ)

→グランドスラム・テルアビブ2021組み合わせ(公式サイト)

文責:eJudo編集部

■48kg級 連続出場のビロディド汚名返上なるか、刺客ブクリ送り込むフランスチームの分析力に注目

(エントリー27名)

現役世界王者のダリア・ビロディド(ウクライナ)が先月のワールドマスターズ・ドーハに続いて連続出場。もちろん第1シードに置かれており、この選手を中心にトーナメントが進行することになる。ビロディドは減量苦ゆえかここのところ一度も良いパフォーマンスを見せておらず、ワールドマスターズではライバルの渡名喜に初黒星を喫している。焦ると髪を掴む、負けると不貞腐れて「礼」をおろそかにする、勝てば一転号泣、と立ち振る舞いにも精神的な脆さを見せてしまっており、ここで良い内容で勝利して再び周囲に「強い王者」のイメージを印象づけたいところ。ワールドマスターズでは組み手に拘り過ぎ、身長の低い相手に対して腰を折って自ら相手のフィールドで戦う場面が多く見られた。恐らく昨年10月のグランドスラム・ブダペストの52kg級挑戦で1階級上の組み手の厳しさを経験したことの影響と思われるが、これは48kg級で戦う上では完全なマイナス。試合を観察するにあたっては、上から目線の良い意味での雑さ、組み手の手順を飛ばして遠間から大技を叩き込む以前のスタイルが戻っているかどうかに注目したい。

トーナメントの顔ぶれを見る限り、ビロディドに挑戦するレベルにあるのは、シリーヌ・ブクリ(フランス)とアンドレア・ストヤディノフ(セルビア)の2名のみ。ともにジュニア世代ながら、昨年11月に行われたシニアのヨーロッパ選手権でも決勝を争うなど既にトップクラスの力を持っている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る