PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】一線級減るも個性派粒ぞろい、66kg級ヴィエルは完全復活なるか/グランドスラム・テルアビブ第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)

(2021年2月18日)

※ eJudoメルマガ版2月18日掲載記事より転載・編集しています。
一線級減るも個性派粒ぞろい、66kg級ヴィエルは完全復活なるか
グランドスラム・テルアビブ第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo

→グランドスラム・テルアビブ2021組み合わせ(公式サイト)

文責:eJudo編集部

■60kg級 上位陣は出場回避もトーナメントは曲者揃い、注目は再浮上狙うウロズボエフ

(エントリー31名)

昨秋の国際大会再開以降連続出場を続けてきたロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)とヤゴ・アブラゼ(ロシア)のロシア勢2名が欠場。階級のトップ層も揃って出場を回避した。第1シードはカザフスタン2番手のグスマン・キルギズバエフであり、この階級としてはトーナメントのレベルは低めである。とはいえ、メンバーがつまらないかというとそうでもない。クバニチュベク・アイベク=ウール(キルギスタン)、ミフラジ・アックス(トルコ)らのイキの良い若手が多数出場、新兵器「岡田式小内刈」の導入でブレイクの気配を見せているモリッツ・プラフキー(ドイツ)、引き込み技専門のヤニスラフ・ゲルチェフ(ブルガリア)など柔道に癖のある、面白い選手が揃った。

優勝候補はキルギズバエフとディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)の2名。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月18日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る