PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】81kg級はムキとモラエイの初対決に期待、48kg級ビロディドは再起を期す/グランドスラム・テルアビブ2021オーバービュー

(2021年2月17日)

※ eJudoメルマガ版2月17日掲載記事より転載・編集しています。
81kg級はムキとモラエイの初対決に期待、48kg級ビロディドは再起を期す
グランドスラム・テルアビブ2021オーバービュー
eJudo Photo
17日に行われたドロー。

→グランドスラム・テルアビブ2021組み合わせ(公式サイト)

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

グランドスラム・テルアビブ2021がきょう18日、現地イスラエルのシュロモ・アリーナで開幕する。先月のワールドマスターズ・ドーハが2020年ワールドツアーの締めの大会として扱われるとの情報なので、この大会が2021年IJFワールドツアーの開幕戦ということになる。ここから5月まで毎月グランドスラムが行われ、6月に世界選手権というのがこのコロナ禍においてIJFが急遽組んだ、7月の五輪本番に向けた大会のスケジュール。

さてそのテルアビブ大会。ワールドマスターズという大イベントが終わったばかりということもあって参加選手の陣容はややおとなしめ。五輪代表を含む複数名を送り込む予定だった日本代表も出場を回避し、たとえば「スター目白押しの超豪華階級」というような強豪の密度高い階級は見出しがたい。

男子の軽量級はいったいに薄く、常日頃から陣容厚い81kg級、90kg級、100kg級がハイレベル。超スター選手の出場は女子の方に多いがいずれも対抗馬となるライバル選手の出場がなく、階級全体としては「一点豪華主義」のトーナメントばかり。男女ともにイタリアが次代期待のイキのいい若手を大量に送り込んで来ているなど面白いトピックは結構あるのだが、いずれも大会全体の傾向として捉えるには少々弱い。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る