PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]フランス勢きょうも強し、マロンガとディッコで2階級を制す/ワールドマスターズ・ドーハ2021最終日女子(78kg級、78kg超級)

(2021年1月14日)

※ eJudoメルマガ版1月14日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]フランス勢きょうも強し、マロンガとディッコで2階級を制す
ワールドマスターズ・ドーハ2021最終日女子(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg級決勝、マドレーヌ・マロンガが濱田尚里から大外刈「技有」

カタールで行われているワールドマスターズ・ドーハは13日、現地の現地のサイル・スポーツアリーナで最終日の男子3階級、女子2階級の競技が行われた。

女子78kg級はマドレーヌ・マロンガ(フランス)と濱田尚里(自衛隊体育学校)の世界王者2人がともに全試合一本勝ちの圧倒的な強さで決勝進出。迎えた決勝はマロンガが開始25秒で大外刈「技有」先行。濱田は得意の寝技で対抗し2分17秒には「抑え込み」の宣告を引き出すがマロンガが逃れてノーポイントのまま展開が切れる。しかし、これが「待て」となると、立ち上がった濱田は2度膝から畳に崩れ落ちてしまい、負傷の様子。以後追撃することは出来ず、このままマロンガの優勝が決まった。3位にはフッシェ・ステインハウス(オランダ)とロリアナ・クカ(コソボ)が入賞した。

eJudo Photo
78kg超級決勝、ホマーヌ・ディッコがイリーナ・キンゼルスカを横四方固で抑え込む。

78kg超級は昨年11月の欧州選手権を制したフランス期待の新星ホマーヌ・ディッコが優勝。2回戦で第1シードのイダリス・オルティス(キューバ)に袈裟固「一本」で完勝、その後も準々決勝でニヘル・シェイフ=ルーフー(チュニジア)を横四方固「一本」、準決勝でカイラ・サイート(トルコ)を支釣込足「一本」と名だたる強豪をまったく寄せ付けず。決勝はイリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)を浮落と横四方固の合技で破り、全試合一本勝ちで優勝を決めた。ディッコは負傷から復帰した2020年1月のグランドスラム・テルアビブ以降2月のグランドスラム・パリ、前述11月の欧州選手権に今大会と4連勝。出場した大会すべてで優勝を果たしている。

3位にはシェイフ=ルーフーとサイートが入賞した。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級メダリスト。左から2位の濱田尚里、優勝のマドレーヌ・マロンガ、3位のフッシェ・ステインハウスとロリアナ・クカ。

(エントリー24名)

【入賞者】
1.MALONGA, Madeleine (FRA)
2.HAMADA, Shori (JPN)
3.STEENHUIS, Guusje (NED)
3.KUKA, Loriana (KOS)
5.VERKERK, Marhinde (NED)
5.POWELL, Natalie (GBR)
7.MALZAHN, Luise (GER)
7.ANTOMARCHI, Kaliema (CUB)

【成績上位者】
優 勝:マドレーヌ・マロンガ(フランス)
準優勝:濵田尚里(日本)
第三位:フッシェ・ステインハウス(オランダ)、ロリアナ・クカ(コソボ)

【準々決勝】
マドレーヌ・マロンガ(フランス)○合技[大外刈・袈裟固](1:59)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)
ナタリー・パウエル(イギリス)○大内刈(1:44)△マルヒンデ・フェルケルク(オランダ)
濵田尚里○GS腕緘(GS1:39)△ロリアナ・クカ(コソボ)
フッシェ・ステインハウス(オランダ)○GS反則[指導3](GS5:54)△カリエマ・アントマルチ(キューバ)

【敗者復活戦】
マルヒンデ・フェルケルク(オランダ)○優勢[技有・隅落]△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)
ロリアナ・クカ(コソボ)○横四方固(2:18)△カリエマ・アントマルチ(キューバ)

【準決勝】
マドレーヌ・マロンガ(フランス)○内股(1:13)△ナタリー・パウエル(イギリス)
濵田尚里○大内刈(1:06)△フッシェ・ステインハウス(オランダ)

【3位決定戦】
フッシェ・ステインハウス(オランダ)○GS技有・払巻込(GS4:42)△マルヒンデ・フェルケルク(オランダ)
ロリアナ・クカ(コソボ)○GS釣込腰(GS1:25)△ナタリー・パウエル(イギリス)

【決勝】
マドレーヌ・マロンガ(フランス)○優勢[技有・大外刈]△濵田尚里

【日本代表選手勝ち上がり】

濵田尚里(自衛隊体育学校)
成績:2位


[2回戦]
濵田尚里○崩上四方固(4:00)△イ・ジョンギュン(韓国)

[準々決勝]
濵田尚里○GS腕緘(GS1:39)△ロリアナ・クカ(コソボ)

[準決勝]
濵田尚里○大内刈(1:06)△フッシェ・ステインハウス(オランダ)

[決勝]
濵田尚里△優勢[技有・大外刈]○マドレーヌ・マロンガ(フランス)

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級メダリスト。左から2位のイリーナ・キンゼルスカ、優勝のホマーヌ・ディッコ、3位のニヘル・シェイフ=ルーフーとカイラ・サイート。

(エントリー26名)

【入賞者】
1.DICKO, Romane (FRA)
2.KINDZERSKA, Iryna (AZE)
3.CHEIKH ROUHOU, Nihel (TUN)
3.SAYIT, Kayra (TUR)
5.MBALLA ATANGANA, Hortence Vanessa (CMR)
5.KIM, Hayun (KOR)
7.SOUZA, Beatriz (BRA)
7.TOLOFUA, Julia (FRA)

【成績上位者】
優 勝:ホマーヌ・ディッコ(フランス)
準優勝:イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)
第三位:ニヘル・シェイフ=ルーフー(チュニジア)、カイラ・サイート(トルコ)

【準々決勝】
ホマーヌ・ディッコ(フランス)○横四方固(2:40)△ニヘル・シェイフ=ルーフー(チュニジア)
カイラ・サイート(トルコ)○合技[大外刈・袈裟固](3:11)△ベアトリス・ソウザ(ブラジル)
ホーテンス=ヴァネッサ・ムバラ=アタンガナ(カメルーン)○反則[指導3](3:58)△ジュリア・トロフア(フランス)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○大外巻込(3:07)△キム・ハユン(韓国)

【敗者復活戦】
ニヘル・シェイフ=ルーフー(チュニジア)○合技[釣込腰・崩袈裟固](3:24)△ベアトリス・ソウザ(ブラジル)
キム・ハユン(韓国)○不戦△ジュリア・トロフア(フランス)

【準決勝】
ホマーヌ・ディッコ(フランス)○支釣込足(2:16)△カイラ・サイート(トルコ)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○大外巻込(2:53)△ホーテンス=ヴァネッサ・ムバラ=アタンガナ(カメルーン)

【3位決定戦】
ニヘル・シェイフ=ルーフー(チュニジア)○横四方固(3:58)△ホーテンス=ヴァネッサ・ムバラ=アタンガナ(カメルーン)
カイラ・サイート(トルコ)○GS技有・体落(GS0:42)△キム・ハユン(韓国)

【決勝】
ホマーヌ・ディッコ(フランス)○合技[浮落・横四方固](1:37)△イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)

※ eJudoメルマガ版1月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る