PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】濱田の『フランス勢3人抜き』に期待、78kg超級はオルティスvsディッコの2回戦に注目/ワールドマスターズ・ドーハ2021最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)

(2021年1月13日)

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】濱田の『フランス勢3人抜き』に期待、78kg超級はオルティスvsディッコの2回戦に注目
ワールドマスターズ・ドーハ2021最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
濵田尚里

ワールドマスターズ・ドーハ2021組み合わせ(Ippon.org)
文:eJudo編集部

■78kg級 「寝技の濱田」か「投げの濱田」か、戦いぶり自体がみどころ

(エントリー24名)

濵田尚里(自衛隊体育学校)とマドレーヌ・マロンガ(フランス)の階級トップ2が揃って参戦。加えてオドレイ・チュメオ(フランス)、ファニー=エステル・ポスヴィト(フランス)のフランス勢を中心にナタリー・パウエル(イングランド)、フッシェ・ステインハウス(オランダ)など世界大会の表彰台経験者がずらりと顔を揃えた。世界大会なみとまではいかないが、トーナメントのレベルは極めて高い。

濵田は第2シードに置かれており、第1シードのマロンガとの対戦が実現するのは決勝。初戦(2回戦)に勝ちさえすれば以降は準々決勝でチュメオ、準決勝でポスヴィトとフランス勢とのフルコースを戦うこととなる。「少しでも早く試合に出たい」と実戦機会を求めてウズウズしていた濱田にとっては、これぞ望むところの難関ルート。

純粋に勝ち負けという観点だけで言えば、いずれの試合もテーマはただ一つ。どれだけ寝勝負に徹することができるかだ。濱田の寝技は間違いなく女子柔道最強。このフィールドでは仮にいくつかミスがあったとしても、それでも全員に勝利してしまうくらいの圧倒的な強さがある。

ただし濱田自身の志向は実は立ち技にあり、囲み取材等では「投げて勝つ」ことへの執着を幾度も語っている。また、このコロナ禍期間に相当の稽古量を積んだとのことで、増地克之女子監督が「『投げの濱田』にも注目して欲しい」と発言するなど、立ち技の進境相当著しいものがあるようだ。五輪をどう戦うのか、五輪までにどのくらいのスケールアップを期するのか(濱田は実戦で調整するタイプで、以後もかなりのテスト大会を踏む予定とのこと)。今回濱田がどう戦うかは、この観点からも非常なみものである。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る