PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】豪華大会締めるにふさわしい贅沢な3階級、注目はリネール、原沢、イゴルニコフ/ワールドマスターズ・ドーハ2021男子最終日プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)

(2021年1月13日)

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】豪華大会締めるにふさわしい贅沢な3階級、注目はリネール、原沢、イゴルニコフ
ワールドマスターズ・ドーハ2021男子最終日プレビュー(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
ミハイル・イゴルニコフ

ワールドマスターズ・ドーハ2021組み合わせ(Ippon.org)
文:eJudo編集部

■90kg級 イゴルニコフの強さがみもの、全日本の好パフォーマンス繋げたい向

(エントリー29名)

豪華トーナメント。2018年バクー世界選手権王者のニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)が出場を回避したものの、昨年10月のグランドスラム・ブダペストと11月の欧州選手権に連勝してもっかの実力ナンバーワンと目されるミハイル・イゴルニコフ(ロシア)をはじめ、現役世界王者のノエル・ファンテンド(オランダ)らこれぞという役者ほぼ全員が顔を揃えた。世界大会のファイナリストだけでも実に7名(優勝者3名、2位が4名)がエントリー、世界大会と比べても遜色がない、下手をするとそれ以上のレベルの高さ。

優勝候補の筆頭はもちろんイゴルニコフ。欧州選手権ではライバルのシェラザディシヴィリを一瞬両者の体が完全に宙に浮く強烈な内股「一本」で破って世界中に衝撃を与えた。この人が得意とする「遠間×片足」状態になった場合の強さはまだまったく天井が見えない。かつては不用意に脇を差して密着する悪癖があったのだが、最近の進退にはこの弱点に対する自覚の気配があり攻守ともにますます隙がなくなってきている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る