PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】鍋倉とアグベニューが決勝で一騎打ち、70kg級はフランス勢2人がトーナメント引っ張る/ワールドマスターズ・ドーハ2021第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)

(2021年1月12日)

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】鍋倉とアグベニューが決勝で一騎打ち、70kg級はフランス勢2人がトーナメント引っ張る
ワールドマスターズ・ドーハ2021第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
クラリス・アグバニュー

ワールドマスターズ・ドーハ2021組み合わせ(Ippon.org)

文:eJudo編集部

■63kg級

(エントリー26名)

階級トップ3名のうち田代未来(コマツ)とティナ・トルステニャク(スロベニア)は欠場。現役世界王者のクリス・アグベニュー(フランス)のみが参加リストに名を連ねた。配置はもちろん第1シード、この選手と第2シードの鍋倉那美が優勝争いの柱だ。第2グループ筆頭格のマルティナ・トライドス(ドイツ)が出場していないこともあり、メンバーの極めて豪華な他階級に比べると少々寂しい陣容となっている。みどころはアグベニュー対鍋倉のほぼ一点に絞られていると言っていい。

鍋倉は一昨年の本大会でアグベニューから金星を挙げたが、続くグランドスラム・パリでリベンジを許してしまい、結果としては東京五輪の代表に手が届かなかった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る