PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】橋本とアンが決勝で激突、81kg級はモラエイとムキの初対戦あるか?/ワールドマスターズ・ドーハ2021第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)

(2021年1月12日)

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】橋本とアンが決勝で激突、81kg級はモラエイとムキの初対戦あるか?
ワールドマスターズ・ドーハ2021第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
橋本壮市

ワールドマスターズ・ドーハ2021組み合わせ(Ippon.org)

文:eJudo編集部

■73kg級 橋本とアンの決勝対決に注目、有望な若手揃ったプールBは序盤戦にみどころあり

(エントリー30名)

上位陣がずらりと揃った豪華なトーナメント。2019年東京世界選手権王者の大野将平(旭化成)と同2位のルスタン・オルジョフ(アゼルバイジャン)が出ていないが、他の有力選手はほぼ漏れなく顔を揃えた。優勝争いの軸は橋本壮市(パーク24)とアン・チャンリン(韓国)の世界王者経験者2名。橋本が第1シードとしてプールA、アンがノーシード配置ながらプールDと綺麗にトーナメントの上下に分かれて配置されており、対戦が実現するのは決勝となる。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る