PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]芳田司が優勝、渡名喜風南はビロディド打倒果たすも決勝でクラスニキに苦杯/ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)

(2021年1月12日)

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]芳田司が優勝、渡名喜風南はビロディド打倒果たすも決勝でクラスニキに苦杯
ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
48kg級決勝、ディストリア・クラスニキが渡名喜風南から小外刈で2つ目の「技有」。

各階級のワールドランキング上位36名が出場を許されるIJFワールドツアーの最高位大会、ワールドマスターズ・ドーハが10日、カタール・ドーハのルサイル・スポーツアリーナで開幕。初日の女子は48kg級、52kg級、57kg級の3階級の競技が行われた。

48kg級は第1シードのディストリア・クラスニキ(コソボ)が圧勝V。4戦して3つの一本勝ち、7つの投げを決め(すべて「技有」)、全試合を投技のポイントで勝利するという飛びぬけた勝ちぶりだった。決勝は日本の渡名喜風南(パーク24)から僅か1分24秒の間に右内股「技有」、右小外刈「技有」と連取し、あっさり優勝を決めた。

渡名喜はこの日ここまで素晴らしい出来。素早い動きと足技を中心とした丁寧な組み立てで隙を見せず、準決勝では過去2回選手権の決勝で敗れているダリア・ビロディド(ウクライナ)から左一本背負投「技有」で勝利する殊勲も見せた。しかし決勝はクラスニキに対して準備不足。パワーを捌けず、相手の柔道の勘所である引き手の袖を与え続けたまままともに技を受けてしまった。

ビロディドは減量苦か初戦から動きが悪く、渡名喜との一番では「待て」が掛かってもなかなか動けず明らかにコンディション不良。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る