PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]キム・ウォンジンとアン・バウル、2階級ともに韓国勢が制す/ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日男子(60kg級、66kg級)

(2021年1月12日)

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]キム・ウォンジンとアン・バウル、2階級ともに韓国勢が制す
ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日男子(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
60kg級決勝、キム・ウォンジンがヤン・ユンウェイから裏投「一本」

各階級のワールドランキング上位36名が出場を許されるIJFワールドツアーの最高位大会、ワールドマスターズ・ドーハが10日、現地のサイル・スポーツアリーナで開幕。初日の男子は60kg級と66kg級が行われた。

第1シードに座ったロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)の初戦敗退に始まり、序盤から荒れ模様となった60kg級を制したのはキム・ウォンジン(韓国)。初戦で2019年の世界王者ルフミ・チフヴィミアニ(ジョージア)をGS延長戦の谷落「技有」で破り、準々決勝では同大会2位でこの日絶好調のシャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)から腕挫十字固「一本」で快勝。決勝はこの日の台風の目、ヤン・ユンウェイ(台湾)を裏投「一本」で破った。

ヤンは準々決勝でディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)をGS延長戦の崩袈裟固「一本」、準決勝ではヤゴ・アブラゼ(ロシア)との大激戦をGS延長戦の一本背負投「技有」で下すなど堂々たる戦いぶり。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る