PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】3強揃い踏みの48kg級に注目、渡名喜とビロディドは準決勝で激突/ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)

(2021年1月10日)

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】3強揃い踏みの48kg級に注目、渡名喜とビロディドは準決勝で激突
ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
ダリア・ビロディド

ワールドマスターズ・ドーハ2021組み合わせ(Ippon.org)
文:eJudo編集部

■48kg級 ビロディドと渡名喜が準決勝で激突

(エントリー24名)

超ハイレベルトーナメント。現役世界王者のダリア・ビロディド(ウクライナ)を筆頭に渡名喜風南(パーク24)、パウラ・パレト(アルゼンチン)、ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)と世界王者経験者が4名も顔を揃えた。表彰台クラスの強豪も第1シードのディストリア・クラスニキ(コソボ)を始め、イリーナ・ドルゴワ(ロシア)、フリア・フィゲロア(スペイン)と分厚く、加えて若手からも昨年11月の欧州選手権を制したシリーヌ・ブクリ(フランス)に同2位のアンドレア・ストヤディノフ(セルビア)と注目株が名を連ねている。ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)など一部出場を見送った強豪もいないではないのだが、世界大会と比較しても遜色のない陣容と言ってよいだろう。

優勝候補はもちろん世界選手権2連覇中の絶対王者ビロディド。減量苦のためか最近は大会ごとにパフォーマンスにかなりの差があり、以前ほどの絶対性は薄れて来た印象だが、それでもやはり実力では頭ひとつ抜けている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る