PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】66kg級の重心はトーナメント上側、ロンバルドとアンバウルの激突に注目/ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)

(2021年1月11日)

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】66kg級の重心はトーナメント上側、ロンバルドとアンバウルの激突に注目
ワールドマスターズ・ドーハ2021第1日男子プレビュー(60kg級、66kg級)
eJudo Photo
ロベルト・ムシュヴィドバゼ

ワールドマスターズ・ドーハ2021組み合わせ(Ippon.org)

文:eJudo編集部


■60kg級 ロシア勢2人の競り合いと、ルトフィラエフとチフヴィミアニ置かれたプールCの争いが主筋

(エントリー33名)

当初出場予定だった前大会王者の永山竜樹(了徳寺大職)は無念の欠場。新型コロナウイルス感染の濃厚接触者と認定されてしまい、PCR検査の結果は陰性で体調も良好ながら、外出制限のために大会出場を断念せざるを得なかった。昨年末に行われた全日本柔道選手権では非常に良いパフォーマンスを見せていただけに、非常に残念。

というわけで開催前にトーナメントの核を欠くことになったがこの階級であるが、それでも顔ぶれは極めて豪華。2019年東京世界選手権王者のルフミ・チフヴィミアニ(ジョージア)と同2位のシャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)、さらに直近のビッグタイトル2大会で決勝を争ったロベルト・ムシュヴィドバゼ(ロシア)とヤゴ・アブラゼ(ロシア)が揃って名を連ねた。さらにイェルドス・スメトフ(カザフスタン)、キム・ウォンジン(韓国)、約1年ぶりに60kg級に出場のディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)と世界大会の表彰台クラスがひしめき合っている。

永山が抜けたことで絶対的な優勝候補は不在となったが、直近の大会のパフォーマンスからまずムシュヴィドバゼとアブラゼのロシア勢2名の名前を挙げたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る