PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】あまりにも豪華な「五輪前哨戦」、ファンは3日間寝不足必至/ワールドマスターズ・ドーハ2021男女14階級オーバービュー

(2021年1月11日)

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】あまりにも豪華な「五輪前哨戦」、ファンは3日間寝不足必至
ワールドマスターズ・ドーハ2021男女14階級オーバービュー
eJudo Photo
会場内。
(写真:Judoinside)

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

1次エントリーから、びっくりするくらい選手が削れなかった。わかりやすいところで言えばテディ・リネールも残ったし、ダリア・ビロディドもいる。アン・チャンリンも出るし、2020年をひとり勝ちしたロシア男子チームはほぼフルメンバーだ。コロナ禍で五輪出場(シード)ポイントを稼ぐ機会が極端に限られる中、再開第1戦となるこの高配点大会に強豪選手が殺到したという形である。あまり安売りしたくない惹句だが今回は「五輪前哨戦」とか「予行演習」と呼んでしまって差し支えないレベルの大会だ。

どの階級も密度が高すぎて、語り始めれば無限に続けられてしまう。もちろん各階級のプレビューはこのあとお届けさせて頂くが(これもどこまでで話題を切るかだけが焦点になるはず)、まずは(がんばって)簡単に注目階級、そして駆け足で14階級のみどころを紹介したい。

大向こう受けで言えば、男子は100kg超級(最終日)がまず目を引く。第1シードの原沢久喜に、テディ・リネール、2018年世界王者グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)に、もっか超級世界を席捲中のイナル・タソエフとタメルラン・バシャエフのロシア勢2人とここまでで既にお腹いっぱい。これにキム・ミンジョン(韓国)にゲラ・ザアリシヴィリ(ジョージア)、ロイ・メイヤー(オランダ)、オール・サッソン(イスラエル)に売り出し中のシプーツ・リハールド(ハンガリー)と続く垂涎の陣容だ。ロシア(2人)、ジョージア(3人)、韓国(2人)の選手重複を考えればある意味五輪以上の難関トーナメントである。

その中でひときわ注目すべきはやはりリネール。今年2月のグランドスラム・パリでは影浦心に敗れて連勝記録が「154」でストップ。この時は明らかに調整不足であったが、半年近くのトレーニング期間を経て迎えた10月のフランスクラブ選手権(団体戦)ではまったくの格下ジョセフ・テヘーにも「指導3」の反則で敗れてしまっている。審判の拙さに泣かされた試合ではあったが、さすがに加齢による衰えを疑わざるを得ない。今夏までにリネールがどこまで仕上げて来られるのか、今大会の出来を補助線にかなりの見当が付けられるはず。注目の初戦はロイ・メイヤーがマッチアップ。圧が掛かりやすい相四つということもあって本来であれば戦いにくい相手ではないはずだが、リネールが不調の場合メイヤーの担ぎ技をひたすら、それも思い切り連発する燃料消費激しいスタイルが逆に嵌る可能性もある。見逃せない一番。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る