PAGE TOP ↑
eJudo

【ニュース】コロナ禍収まらずも首脳陣は冷静、6月の世界選手権派遣者は総合的に判断/(井上康生・増地克之両代表監督コメント要旨)

(2021年1月5日)

※ eJudoメルマガ版1月5日掲載記事より転載・編集しています。
コロナ禍収まらずも首脳陣は冷静、6月の世界選手権派遣者は総合的に判断
(井上康生・増地克之両代表監督コメント要旨)
eJudo Photo
オンラインで取材に応じた井上康生監督

5日、中止となった年頭全体合宿の代替として行われた強化選手のオンライン講習会の終了後に、男子日本代表の井上康生監督、同女子代表の増地克之監督がウェブを通じて報道陣の取材に応じた。

新型コロナウイルスが再び猛威を奮う状況にあっても両監督は冷静。五輪までの強化スケジュールを問われた井上監督は「柔軟な姿勢を持った上で取り組まなければいけない。1分前のAプランが1分後のBプランになるかもしれない。それでも前に進むしかない。」とコメント。五輪については「現場としては開催を前提に1つ1つ準備をしていくしかない。単に勝負だけの五輪ではなく元気、希望、また新たな価値をお届けできるようなものにしなければならない。」と語った。五輪イヤーの6月という異例の日程で組まれたハンガリーの世界選手権の派遣選手については「五輪代表、いま現在の有力な選手、24年世代の目線も持って、トータルで判断していきたい」とこれも柔軟な姿勢を見せていた。

増地監督も強化スケジュールに関してはほぼ同様の見解。講道館杯と皇后盃を視察した感想として、どの選手も試合勘の部分に課題を残すと全体的な傾向を指摘、代表選手についても実戦の必要性を強調しながらも「社会状況と選手のコンディションを見極めて、しっかり派遣大会を選んでいきたい」と慎重な姿勢を崩さなかった。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月5日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る