PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】「強さ」と「豊かさ」が女子柔道救う、皇后盃の価値再認識した大会/第35回皇后盃全日本女子柔道選手権評①

(2021年1月4日)

※ eJudoメルマガ版1月4日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】「強さ」と「豊かさ」が女子柔道救う、皇后盃の価値再認識した大会
第35回皇后盃全日本女子柔道選手権評①
eJudo Photo
冨田若春との3回戦に臨む玉置桃。玉置の柔道は今大会の白眉、凄まじい仕上がりの良さを見せてくれた。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

■選手の仕上り自体に、「皇后盃」の重み感じた1日

前日の天皇杯(全日本柔道選手権)における熱戦の余韻冷めやらぬ中、翌27日に同じ講道館大道場で行われた皇后盃(全日本女子柔道選手権)。こちらも負けず劣らず魅力的な大会だった。筆者が生で見た皇后盃の中では、もっとも面白かった大会だったと思う。準決勝・決勝の戦いに胸躍らせた大会数あれど、ここまで一戦一戦に感じ入ることが続いた年はない。

まず、とにかく選手の仕上りが凄かった(ただし第一人者と目された朝比奈沙羅を除く。彼女の今大会での出来については稿を改めたい)。皇后盃というものはここまで選手にとって戦いがいのある場、価値のあるステージなのだと、こちらの認識の書き替えを迫るレベルだった。率直に言って、筆者は体格差の影響が大きい女子にあっては、男子ほどこの無差別に掛ける熱量が少なく、軽量級選手にとってはどこか「あれは別物」と冷めて捉える姿勢があるのではないかと勝手に思い込んでいたところがあるのだが、まったくもって意識をあらためさせられた。

仕上がりの良さ自体で唸らせた選手は髙山莉加、能智亜衣美、荒木穂乃佳、稲森奈見、寺田宇多菜、桑形萌花と枚挙に暇がない。荒木はコロナ禍で対人稽古が困難な警察の所属だが、その中で苦心しながらよほどの錬磨を重ねて来たのだろう。桑形も稽古環境が激変したと仄聞するが、その中で高校生ながらベスト4入りの快挙達成、ひたすら感じ入るしかない。皆、練習環境ままならぬ中、この皇后盃の晴れ舞台を目指して己を磨き、その仕上り自体を以てこの皇后盃が女子選手にとってどれほど重みのあるものなのかを示してくれた。志々目愛と角田夏実に至っては仕上りや試合のパフォーマンスはもちろんのこと、エントリーすること自体で皇后盃の凄さを語ってくれたと言える。どちらも独自の技術体系で柔道を突き詰めて来た「投げる」「極める」という柔道の本質に極めて感度高い選手。さてこの大きい選手をどうして投げてやろうか、試合場での一挙手一投足に「この人たち、よほど出たかったんだろうな」と思わせる喜びが溢れていた(余談ながら、推薦選手枠の拡大を聞いた中村美里さんは「ずるい!私ももっと出たかった!」と興奮していたそうである)。まずは皇后盃の価値と重み、その認識を大きく更新した大会であったとひとつ総括して、話を続けたい。

■令和2年大会が示唆する「豊かさ」、皇后盃は再び女子柔道を照らす光となる

仕上りの良さ自体で魅せた選手たちの中で特に印象的だったのは玉置桃、鶴岡来雪、大辻瑛美の57kg級勢3人。先に結果を並べると、玉置はまず1回戦で体重100キロの白石麻葵佳からGS延長戦「指導3」で勝利、2回戦は推薦選手の48kg級角田夏実から同じくGS延長戦「指導3」で勝ち抜け、3回戦では優勝した冨田若春にGS大外巻込「有効」で敗れるも倍近い体重の相手に本戦4分間を戦い切った。鶴岡は78kg級の強者浜未悠を相手に「指導2」まで失いながらもGS延長戦の背負投「技有」で殊勲の1勝。大辻は70kg級の佐々木南からGS延長戦の大外落「有効」、続いて体重98キロの黒坂麻樹から大外落「有効」で勝利、3回戦は準優勝者の橋本朱未にGS延長戦「指導3」で敗れたが2勝を挙げてベスト16入りを果たしている。

それぞれ階級が上の選手から勝利と赫赫たる戦果挙げているわけだが、彼女らの戦いで特筆せられるべきは結果ではなくその内容。実に魅力的だった。

特に推薦枠で出場した玉置の出来は今大会の白眉。率直に言って、玉置の試合にこれほど惹きつけられたことはない。こんなに戦うこと自体が楽しそうな玉置を初めて見た。躍動感に溢れていた。減量がないゆえか動きの切れも素晴らしく、そして玉置独特の組み際のカン、組み手のカンは対重量級戦にこそ生きる。今大会の最強選手、登録体重102キロの冨田若春を相手にした試合では、「待て」が掛かるたびに、やりがいのあまり思わず顔が笑ってしまっていた。稽古で、将来のエースと見込んだ感度の高い選手に到底かなわない強者を当て続けたときに見せてくれる、あの顔だ。鶴岡は78kg級の浜を相手に戦略、スピード、気風の良さに技の威力とこちらも魅力あふれる試合ぶり。一挙手一投足の動きから溢れる「余り」が半端ではない。「鶴岡ってこんなにいい選手だっけ?」(もちろん体重別での強さは重々承知)と思わずペンを握る手にも力が入る。3階級上の相手に「投げなければ勝ちはない」とばかりにあくまで投げのための作りをダイナミックに行うその戦いぶり、そして実際に決めてみせた能力の高さ。端的に言って“ファンが増えそうな”柔道だった。大辻はむしろ無差別で輝く選手、相手の足元を崩し、剛体を作り出しては背負落と大外落の前後の大技の連携で攻める。この場こそ自分のフィールドと思い込んだものの輝きがあった。

玉置の試合ぶりに「これほど楽しそうに見えたことはない」「これほど惹きつけられたことはない」と書かせて頂いたわけだが。まず、選手がやりがいのある場を得るというのはこれほど大きなことなのか、というのが最初の感想。別人のパフォーマンスだった。次に抱いたのは、玉置や鶴岡の戦いぶりが、体重別とは全く違う光を放ったことから考える、この大会の価値である。

日本の女子柔道の特性の1つに、1人1人は個性たっぷりで尖った選手が多いにも関わらず、国内トップレベルになると途端に消耗戦が増え、選手の面白さほどの魅力が試合から放たれなくなることが挙げられる。刈り・担ぎ・跳ねそれぞれの業師、一発屋、寝技のテクニシャンと魅力的なタイプが揃いながら、レベルが上がると相手の良さを消すテクニックが相対的に優位となり、なかなか互いの長所を出し切れない。フィジカルに差が出にくい女子は大雑把に言って「相手の良さを消す技術」の効果が男子のそれと比べて高い面があり、ゆえに強者であってもある程度これに付き合って局所的優位を確保せざるを得ないところがある。レベルが上がれば上がるほどこの「相手の良さを消す」必要性も能力も上がり、消耗戦の割合は増える。これは仕方のない面もある。ただ、こう言った事情を超えて感じるのは、キャリアのあらゆる場面で負ければすべてを失う環境に置かれ続けた、日本女子柔道全体の閉塞だ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版1月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る