PAGE TOP ↑
eJudo

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第100回

(2020年6月8日)

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第100回
柔道も、この世に生れてきた以上は、その重大にして愉快なる大使命を果さなければならぬのである。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「講道館柔道の使命」
『柔道年鑑』 大正14年1月 (『嘉納治五郎大系』1巻146-147頁)
 
今回の「ひとこと」は、「講道館柔道の使命」と題された論考の中からの紹介です。
「『講道館柔道の使命』とは何か?」非常に興味深い問いになりますが、残念なことに、具体的に「講道館柔道の使命は○○である」とは師範は書き残していません。

そのため論考の内容から推測するしかないのですが、論考内では、①楽をして利益を得ようとしたり、贅沢をしたい人・喧嘩や小競り合いで精力を消耗したりする人の増加②道徳の退廃③他国との不十分な信頼関係の3つを当時の日本が抱えている問題点としてあげています。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る