PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】東京五輪延期、現時点の材料では「代表メンバーの維持」が妥当

(2020年3月25日)

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】東京五輪延期、現時点の材料では「代表メンバーの維持」が妥当
eJudo Photo
2月27日の時点で「2番手以降と歴然とした差がある」と判断された選手12名が新たに日本代表に内定した。

文責:古田英毅
Text by Hideki Furuta

7月24日に開幕予定だった東京オリンピックの延期が決まった。安倍晋三首相とIOCが合意した変更日程は、報道が伝えるところによれば「遅くても来年の夏まで」。

まず延期の決定を歓迎する。これから関係者と選手に掛かる多大な負担を考えると軽々にそう言い切ってしまうのは憚られるところもあるのだが、もはやこの状況では予定通りの日程での開催は不可能。となれば負のインパクトが大きいこと自体は決まっているわけで、あとはそれをどれだけ減殺するかの問題。決定は早いほどいい。「延期」という一時が決まったことでIFも社会も関係者も、そして選手も、ようやく前を向いて動き出すことができる。

五輪延期という大きな社会的事象については既に識者が大量に情報を発信しているので、ここでは敢えて狭く、柔道競技の代表選考について筆者の現状の見解を記すこととする。

まず。現時点での材料を以て「1年延期なら再選考が筋」という意見は拙速。その時点での最強選手を送り込むべきだと言いたくなる気持ちはわからないでもないが、これはいま置かれた現実を飛び越えた理想論であると評したい。状況を冷静に考えれば、通せる筋と通せない筋があるというものだ。

ものすごく簡単に言って。現代表はあくまで「海外勢への強さ」、具体的には「勝負どころの国際大会(=世界選手権)での強さ」を基準に選ばれている。いまからのスケジュールで、この基準で選手をフェアに競らせる場はない。1年延期なら再選考が筋という意見は、それが「通常の1年」であれば正論になり得る。しかし世界選手権の開催がなく、どころか国際大会自体の再開がいつになるのかすら見通せないこれからの1年は常とはロジックがまったく異なる。現体制が最大の評価軸にしてきた「海外選手全員がフォーカスしてくる真剣勝負の場での適性」を見極めなおす場など、もうないのだ。

もう1つ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る