PAGE TOP ↑
eJudo

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第97回

(2020年3月22日)

※ eJudoメルマガ版3月23日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第97回
柔道を道として学んでもこれを体得する手段として用うる術は自然におぼえられるがこれを術としてのみ練習する時はいつまでも道には達し得られぬのである。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「いかにすれば今日の柔道を国民の柔道となし得るか」
柔道3巻1号 昭和7年2月 (『嘉納治五郎大系』1巻298頁)

「術から道へ」。
講道館柔道の成立とオリジナリティーを、柔術との比較で語る上で、よく使われる言い回しです。ただ、講道館柔道の基となった起倒流には、すでに、「術」より「道」を重んじる思想が存在したことは第10回で紹介したとおりです。決して嘉納師範のオリジナルではありません。とは言え、技術を通した人間形成を目的とした「講道館柔道」という文化を産み出し、これを世界に広めたことは偉大な業績で、このことを以て、その功績が揺らぐわけではないと筆者は考えます。
 
そんな師範が、講道館柔道の修行が「技術」にとどまることに対して、常に警鐘を鳴らしていたことは、本連載でたびたび紹介してきたとおりです。今回の「ひとこと」も、それらと軌を一にするものです。

ここで言う道は「心身の力を最も有効に働かす」ことです。
それを学ぶために、講道館柔道の修行をすれば、「道」と同時に技術も学べます。講道館柔道が技術を手段として「道」を学ぶことを目的としているからです。ですが、そういった「道」のことを考えずに、「術」としてのみ練習するときは、いつまでも「道」に達することは出来ない、と言う師範の主張です。
もちろん、何かを一心不乱に学ぶことにより、副次的に何かを得ることは、よくあることです。そもそも師範自身も、柔術の修行を通して、紆余曲折の末、技術以外のことを発見し、学びえたわけですから。

実は、師範は柔道の技術の練習以外の学問や実務からも「道」を体得できると言っています。つまり、「道」を体得するのに、必ずしも技術の修行が必要というわけではないと言うのです。「道」が「心身の力を最も有効に使用する」ことである以上、社会における、多くの実績にこの原理は当てはまるでしょうし、そう考えれば、技術が必要ではないという師範の主張も納得出来ます。本連載第1回で紹介した「柔道は心身の力を最も有効に使用する道である」の解説中で師範自身が認めていることとも矛盾しません。

ですが、師範は、自らが、技術の修行からこの道を発見し、体得したことから、講道館柔道は、同様の方法をとっていると言います。柔術の修行で得たもの-そこには、技術はもちろん、技術以外に得た肉体や精神も含まれています-を独り占めするべきではないと考え、普及を志した師範ですが、様々な改良の末、「講道館柔道」を創始しています。
そこには、自らの発見した良いものを、より良い形、より効率的で安全な方法で伝えていきたい、という想いがあったはずです。自分と同じ苦労、回り道をさせたくない、いわば、師範の「親心」とも言えるでしょう。

今を生きる我々は、江戸末期生まれの嘉納師範からすると、曾孫以降の世代です。斯界の長老である安部一郎、醍醐敏郎、大澤慶巳ら十段の先生方ですら、嘉納師範に直接お会いしたことがないと聞いています。生きている師範に会ったことがある希有な存在だった嘉納行光講道館名誉館長も3月8日に、享年89でご逝去されました。
嘉納師範の時代がからどんどん遠くなっていく今、我々は師範のこの「親心」というべきものを、どう受け取るべきでしょうか。

最後に、柔道の修行が技術に偏重したとき、どうなるか、師範の言葉を引用して、本稿を終わります。

「柔道の修行が単に技術の末に流れて修養方面のことを閑却するに至れば世人は柔道を重んじなくなってしまう」。


著者:元 敏季(ハジメ・トシキ)
1975年生まれ。柔道は中学校から始め、大学までは競技を中心に行うが、卒業論文を機に柔道の文化的側面に関心を持ち、大学院へ進学。凡そ10年、大学院・研究機関に所属するも、研究とは異なる分野の仕事に就き現在に至る。ライフワークとして嘉納治五郎に関する史料を蒐集・研究し、その成果を柔道振興のため発信しようとしている。

※ eJudoメルマガ版3月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る