PAGE TOP ↑
eJudo

東京五輪柔道競技・女子6階級日本代表内定者談話(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級、70kg級、78kg級)

(2020年3月12日)

※ eJudoメルマガ版3月12日掲載記事より転載・編集しています。
東京五輪柔道競技・女子6階級日本代表内定者談話
(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級、70kg級、78kg級)
eJudo Photo
渡名喜風南 (パーク24)

東京五輪柔道競技の日本代表選手に新たに内定した女子6名の、発表会見と直後の囲み取材におけるコメント要旨は下記。

■48kg級 渡名喜風南 (パーク24)

――内定が出た、今の気持ちを聞かせてください。
ひとつひとつの試合で優勝することを目指してやって来ました。きょう内定を頂いて、ここからがいよいよスタートだなという気持ちです。

――選考の時期が早くなったことに対しては、いかがですか?
自分はあまり言うべきことはありません。やることは一つ、変わらないと思っていますので「いつ」決まるかということに関して言えば、自分にとっては特にないです。

――48kg級は初日。メダルを取れば日本の第一号です。そのあたりの意気込みは?
自分はマイペースなので、そのあたりもあまり…。自分のやることを、しっかりひとつひとつやっていきたいと思います。

――東京五輪までどのような時間を過ごしたいと思いますか?
ひとつひとつの試合で確実に勝っていけるように、優勝を目指して頑張りたいと思います。

――リオが終わってから今日の内定が出るまで3年半になりますが、振り返ってみていかがですか?
そうですね。よかったときも、悪かったときもあるので…。でも長かったな、と思います。苦しい時期もありましたが、勝てなかったとか、勝てたとかいう結果ではなくて、内容について悩むことが多かったです。そこに納得がいかないときが、しんどかったですね。

――苦しかった時期はいつ?
世界選手権で優勝した後です。今まで追う立場が多かったのに、追われる立場になったということもありますし、自分のやりたいことに心がついていかない、うまくやる気が出せない時期がありました。練習はしているけど、いまひとつ集中できないような状態でした。今はもちろん、そういうことはまったくありません。
 

――ビロディド選手など長身選手に対する対策をどう考えていますか?

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る