PAGE TOP ↑
eJudo

垣田恭兵が優勝、7度目の全日本本戦進出決める・全日本柔道選手権九州地区予選

(2020年3月8日)

※ eJudoメルマガ版3月8日掲載記事より転載・編集しています。
垣田恭兵が優勝、7度目の全日本本戦進出決める
令和2年全日本柔道選手権九州地区予選
eJudo Photo
優勝の垣田恭兵(写真は平成31年全日本柔道選手権時)

令和2年全日本柔道選手権(4月29日・千葉ポートアリーナ)の九州地区予選を兼ねる第62回九州柔道選手権大会が8日、各県予選を勝ち抜いた36名が福岡武道館(福岡市)に集って行われ、垣田恭兵(旭化成)が優勝を飾った。32歳になった垣田はこれで7度目の全日本選手権本戦進出。

2位の尾原琢仁(旭化成)、3位の七戸龍(九州電力)ら、九州地区からは上位6名が本戦に進む。

成績上位者と全試合の結果は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版3月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る