PAGE TOP ↑
eJudo

小川竜昂が3年ぶりの優勝、上位5名を日本製鉄勢が占める・全日本柔道選手権近畿地区予選

(2020年3月1日)

※ eJudoメルマガ版3月1日掲載記事より転載・編集しています。
小川竜昂が3年ぶりの優勝、上位5名を日本製鉄勢が占める
令和2年全日本柔道選手権近畿地区予選
eJudo Photo
優勝の小川竜昂
※写真は平成29年全日本柔道選手権時

令和二年全日本柔道選手権大会(4月29日、千葉ポートアリーナ)の最終予選である地区大会が1日からスタート。初日は近畿、関東、東海の3地区で予選が行われ、和歌山ビッグウェーブ(和歌山市)で行われた近畿地区大会(第30回近畿柔道選手権)は小川竜昂(兵庫・日本製鉄)が3年ぶり3度目の優勝を飾った。小川は準々決勝で昨年度の覇者・黒岩貴信(兵庫・日本製鉄)を破るなど素晴らしい出来、決勝は中野寛太(奈良・天理大1年)をGS延長戦の末に反則で退けた。

全日本選手権本戦には、準決勝進出の4名にベスト8敗退者による決定戦を勝ち抜いた2名を加えた計6名が進出する。今年度は5名を日本製鉄勢が占めた。

成績上位者と全試合の結果は下記。

【成績上位者】
(エントリー48名)
優 勝:小川竜昂(兵庫)
準優勝:中野寛太(奈良)
第三位:田中源大(兵庫)、田中大貴(兵庫)
第五位:古田伸吾(兵庫)、黒岩貴信(兵庫)

※以上6名が全日本柔道選手権進出

【1回戦】

倉橋功(大阪)〇上四方固(2:32)△木村朋弥(京都)
谷井大輝(兵庫)〇不戦△奥村将斗(滋賀)
植岡虎太郎(奈良)〇優勢[技有・背負投]△山本雄一(和歌山)
辻本拓記(兵庫)〇優勢[有効]△中村雄太(大阪)
古田伸吾(兵庫)〇出足払(1:11)△中条文弥(和歌山)
山口陸人(奈良)〇GS内股透(GS0:36)△中原諒人(滋賀)
石橋諄也(京都)〇優勢[技有・大内刈]△新井洸耀(滋賀)
石山潤平(奈良)〇不戦△亀谷吏功(和歌山)

吉村太一(京都)〇反則(2:38)△増田晃(滋賀)
神野光稀(奈良)〇大内返(2:15)△藁科裕也(和歌山)
黒岩貴信(兵庫)〇払腰(1:34)△大西勇気(滋賀)
矢野真我(奈良)〇GS出足払(GS2:13)△小川真司(京都)
春日良太(兵庫)〇GS反則(GS0:43)△西村貫太(奈良)
中村剛教(大阪)〇背負投(2:57)△北川仁基(京都)
田中大貴(兵庫)〇反則(3:36)△笠原大雅(奈良)
三戸雄生(大阪)〇背負投(2:16)△矢舩雅数(和歌山)

【2回戦】

中野寛太(奈良)〇優勢[有効]△倉橋功(大阪)
谷井大輝(兵庫)〇浮固(2:28)△野手健志(和歌山)
植岡虎太郎(奈良)〇背負投(1:25)△松倉勇人(滋賀)
辻本拓記(兵庫)〇背負投(1:39)△近間陽介(京都)
古田伸吾(兵庫)〇反則(3:39)△津田賢一(京都)
山口陸人(奈良)〇裏投(0:22)△西尾徹(大阪)
奥野拓未(大阪)〇大内返(1:58)△石橋 諄也(京都)
田中源大(兵庫)〇GS反則(GS3:02)△石山潤平(奈良)

松井海斗(大阪)〇内股巻込(1:21)△吉村太一(京都)
小川竜昂(兵庫)〇優勢[有効]△神野光稀(奈良)
黒岩貴信(兵庫)〇払腰(3:19)△安達健太(大阪)
橋詰一輝(和歌山)〇払腰(2:35)△矢野真我(奈良)
春日良太(兵庫)〇横四方固(1:16)△宇佐美倭(滋賀)
中村剛教(大阪)〇大内刈(4:18)△西山雄希(和歌山)
田中大貴(兵庫)〇払腰(4:38)△中野隼人(京都)
三戸雄生(大阪)〇内股(3:01)△内藤竜生(滋賀)

【3回戦】

中野寛太〇GS技有・隅落(GS2:15)△谷井大輝
辻本拓記〇優勢[技有・背負投]△植岡虎太郎
古田伸吾〇体落(1:40)△山口陸人
田中源大〇GS僅差(GS8:40)△奥野拓未
小川竜昂〇内股(2:45)△松井海斗
黒岩貴信〇袈裟固(2:11)△橋詰一輝
春日良太〇GS反則(GS7:11)△中村剛教
田中大貴〇GS反則(GS1:39)△三戸雄生

【準々決勝】

中野寛太〇GS有効・出足払(GS3:40)△辻本拓記
田中源大〇合技△古田伸吾
小川竜昂〇小内刈(3:32)△黒岩貴信
田中大貴〇GS反則(GS1:08)△春日良太

【5・6位決定戦】

古田伸吾〇体落(1:51)△辻本拓記
黒岩貴信〇GS僅差(GS10:51)△春日良太

【準決勝】
中野寛太〇不戦△田中源大
小川竜昂〇GS出足払(GS0:34(△田中大貴

【決勝】
小川竜昂〇GS反則(GS1:11)△中野寛太


記録提供:近畿柔道連盟・和歌山県柔道連盟

※ eJudoメルマガ版3月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る