PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】男子「四つ角」確実は東海大相模と国士舘、続く候補は大成/第42回全国高等学校柔道選手権大会シード校予想

(2020年2月13日)

※ eJudoメルマガ版2月13日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】男子「四つ角」確実は東海大相模と国士舘、続く候補は大成
第42回全国高等学校柔道選手権大会シード校予想
eJudo Photo
昨年度大会開会式。今年は日本武道館ではなく、会場を移してALSOKぐんまアリーナで本戦が行われる。

文責:古田英毅/eJudo編集部

いよいよ運命の日迫る。第42回全国高等学校柔道選手権大会(3月21日~22日、ALSOKぐんまアリーナ)の組み合わせ抽選会が、この週末、15日(土)に行われる。

ご存じの通り、この大会は主催者による「シード校」選びが非常に面白い。プロフェッショナルたちが選考チームを形成、各々のチャンネルを駆使して各地区の情報を収集し、前年度の成績に拘らずあくまで「今代の強さ」を基準に精鋭8チームを選りすぐるのだ。

今代の男子は史上稀に見る混戦。例年に比べるとどこも小粒で、組み合わせ配置や対戦相性によって順位がガラリと入れ替わってしまうであろう大接戦となっている。ひさびさ、三冠大会すべてで優勝校が違ってもまったく驚くに当たらない代だ。そんな中にあって、この高校選手権本戦の成績は7月の金鷲旗大会のシード、そして8月の本命・インターハイの組み合わせ配置に直結する。ご存じの通り、特に中堅の強豪校にとっては1度固定された「序列」を覆すのは至難の業。つまりはこのシード校選びが、そのまま今年の高校柔道界の運命を左右すると言ってしまってまったく過言ではないのだ。これまでいったいどれだけのチームが十分入賞圏内の力を持ちながら、冬季招待試合シリーズやブロック大会でのアピールに失敗し、この「シード校」に漏れたがゆえ1年間浮かび上がれぬまま涙を流すこととなったか。

この例年にない大混戦下、今年も編集部は冬季招待試合シリーズや各地区予選をウォッチ。独自に戦力調査を進めてきた。そのアウトプットとして、恒例の「eJudo版・シード校予想」をものしてみようと思う。

■ 男子
eJudo Photo
今代の軸は東海大相模高。名門復活が掛かる。

「四つ角」確実なチームをまず2つ挙げたい。東海大相模高(神奈川)と国士舘高(東京)の2校だ。

東海大相模は今代の本命。力だけでいえば唯一「ミッションを達成する」という引き算ゲームの視点で三冠奪取を狙い得るレベルにあるチームだ。エースの全日本カデ最重量級王者・菅原光輝を軸に、攻撃型の中量選手近藤那生樹、重石役の工藤海人ら個性あるメンバーを揃えて、かつサイズと層の厚さも兼ね備えている。脇を固める人材は一様に守りの不安定さあるも個性ある選手を複数涵養しており、それぞれが他チームならポイントゲッターを担える人材。工藤が崩れるととたんにチームが舵を失った黒潮旗大会(2位)、あるいは松尾三郎杯準決勝(埼玉栄に代表戦まで持ち込まれての辛勝)でわかる通りあくまで全員が働いてこその総合力型で、まだピースが1個破壊されたときの修復力に課題はあるが、今代もっとも高い位置でバランスが取れたチームであることは間違いない。菅原を欠いて戦った黒潮旗大会では埼玉栄高(埼玉)に敗れて2位、怪我で近藤を失ってロースコアゲームに持ち込まれた若潮杯決勝の国士舘高戦も落として2位に終わったが、唯一フルメンバーで戦った、そしてもっとも参加校のレベルが高い松尾三郎杯では見事優勝。間違いなく今年の「軸」である。

eJudo Photo
昨年度三冠獲得の国士舘高

国士舘高は三冠世代が卒業、絶対のエース斉藤立が抜けた後に座るチームの「顔」もいまだ定まらず。前代斬り込み役として度々良い働きを見せた岡田陸が主将を務め、大型の磯田海成、技の切れ味で勝負する岡部陽人、大型1年生の入来院大樹らをうまく組み合わせて戦うこれも総合力型のチーム。黒潮旗では東海大相模に敗れて3位、入来院を欠いて戦った松尾三郎杯はベスト8で木更津総合高(千葉)に敗れる屈辱を味わったが、フルメンバーで臨んだ若潮杯では見事優勝。東京予選も1位勝ち抜けで、どうやら「平年並み」のシード評価を得られるところまで序列を上げて来た。これもピース1個の狂いで地盤から崩れかねない脆さはあるチームだが、主筋を戦う存在だろう。

eJudo Photo
攻撃柔道で水田杯を制した大成高

以降は評価が割れてくるが、個人的に「四つ角の力確実」とまず挙げておきたいチームが、大成高(愛知)である。メジャー招待試合の出場は水田三喜男杯のみであるが、木更津総合や埼玉栄が取りこぼす中、みごと優勝を飾っている。

このチーム、とにかく攻撃型。ロースコアゲームが多い今代にあって、力自体の高低はともかく筆者が今シーズン見たチームの中でもっとも「面白い」チームだ。エースの中山康のほか菊池駿星ら中核を務めるのは1年生なのだが、これが「怖いもの知らず」という良い方に作用。2年生の竹村虎之らも引っ張られ、全員スタイル違えどとにかく攻めまくる良いスパイラルが生まれている印象だ。水田杯中盤戦における、菊池の「すべて大技」で打ちまくる姿勢などは、石田輝也監督が求める理想像そのままだったのではないだろうか。地力を練ることを重視する石田監督に、技術指導役としての渡邉風吹コーチという態勢が上手くいっている気配を感じた。これに冬季シリーズ元気がなかった佐々木健翔や1年生で伸びしろ感じられる菅谷佑大などが出てくれば、今季の数少ないハイスコア志向チームとして面白い試合を見せてくれそうだ。

eJudo Photo
黒潮旗大会を獲った埼玉栄高

eJudo Photo
松尾杯2位の木更津総合高

個人的にはここまでが四つ角確実。以降は四つ角当落線上の2チーム。埼玉栄高(埼玉)と、木更津総合高(千葉)の名前を挙げたい。

埼玉栄の今代はド派手なスタート。黒潮旗大会で今季の本命と目された東海大相模を決勝の土壇場で破り、見事優勝で冬季シリーズを滑り出した。
こちらは大成とは打って変わり、「全員強いが、相手の強弱に関わらず最終的にはロースコア」ということの多い、練度の高さが売りの完成度高いチーム。代表戦に送り込まれる序列ナンバーワン選手松崎渡のスタイルが「組み勝ち、攻め勝つ」ことであることにこれは端的だ。松崎や長濱佑飛が順繰りに仕事を果たすことで勝ち上がり、いつの間にか上位にいるという戦いを繰り返すうち、黒潮旗V、松尾三郎杯3位(東海大相模に1-1代表戦で負け)と着実に結果を残してきた。昼行燈的なたたずまいから突如文脈関係なしに威力抜群の一発を繰り出す1年生野村陽光の存在は強烈。黒潮旗では決勝で尼田光志郎から内股「一本」、松尾杯では工藤海人から内股「一本」と1人で東海大相模から2点を挙げている。

木更津総合は、凹凸のなさ、5人の平均値の高さなら前述4校よりも、下手をすると上。松尾三郎杯では国士舘を退けて準優勝。今年の「修羅の国」である千葉(率直に言って、今年の高校柔道はこの県に2.5枠くらい割り当てるのが妥当だ)をしっかり勝ち抜いて本戦出場を決めてきた。1年生エースの甲木碧は今季その爆発力と、状況判断の悪さによる思わぬ失点という2アスペクトを揺れ動いてきたが、これをどの方向に、いかに伸ばすかが上位進出のカギ。

ここまで挙げたのが5校。残るシード枠は「3」。

eJudo Photo
松尾杯の台風の目、3位入賞を果たした加藤学園高

中央に本命の影薄き今代、相対的に地方校に面白いチームが揃うはずだが、これも法則というべきか。有力校あれど、中央が薄い年にはなぜか地方校にも、その代を規定するような強烈な個性を放つまでのチームはなし。

ここではまず加藤学園高(静岡)の名前を挙げたい。昨年も面白い柔道で全国高校選手権ではかなりの存在感を放っていたが、その代から加古裕慈を中心に小田春樹、宇佐美一誠ら中核がそのまま残った。一癖ある柔道と勝負強さで、松尾三郎杯では作陽高(岡山)と桐蔭学園高(神奈川)を破ってなんとベスト4入賞。どんな強豪とでもやれてしまえそうな、チームとしての向こうっ気の強さが買いだ。

eJudo Photo
東北ブロックを圧勝した田村高。若潮杯では3位に入った。

東北ブロックを圧勝した田村高(福島)も強い。前代から幾たびもベンチワークとマインドセットの拙さでここぞの勝負を落とし続けて来たこのチーム、相変わらず選手個々の試合運びもベンチの作戦立案能力もかなり難があるのだが、地力は間違いなくシード校クラス、それも上位に絡むレベルにある。エース佐井川陽舜はまさにこの「強いが、企めない」「企めないが、強い」典型タイプ。彼のミスで松尾三郎杯は埼玉栄に、水田杯は大成にと強豪相手に屈したが、締めの若潮杯では「戦力の厚さ隠せず」といった印象で見事3位に入賞。佐井川も印象的な「一本」を繰り返してチームに貢献した。歴代シードに絡むたび、東北ゆえの評価の低さに弾き返されてノーシードの辛酸をなめてきたが、今年はピックアップの可能性十分である。

崇徳高(広島)は飯田恒星と徳持英隼の2人が素晴らしい。柔道の質の良さでは今代屈指。ただし、柔道が良いゆえサイズのある相手の力をまっすぐ受けることが多く、ゆえに取りこぼす、あるいは取られることがそのままチームの成績の浮沈に反映されてしまっている感あり。関東シリーズでは松尾杯ベスト8(埼玉栄に負け)、水田杯ベスト16 (千葉経済大付属に負け)と奮わなかったが、持ち前の育成力で周辺戦力の底があがったか、2月9日の魁春旗三春大会ではハイスコアを連発してしっかり優勝。シード常連でもあり、主催者にとっては手堅い選択、選びやすいチームという印象。

選びやすいということでは、中村雄太というワントップエースを擁する東海大仰星高(大阪)の名前も挙がる。今季数少ない「エースの名前」を以て鳴るチーム、わかりやすいラベルがある。中村は本格派の重量級選手でありながら足技が利き、なにより作りが上手く、しっかり投げで試合を終わらせるクレバーさがある。抜き試合なら相当の働きが期待できるはず。ただし招待試合シリーズを観察する限り、思った以上に周辺戦力の得点力が低い。もし仰星がシードされるなら抜き試合レギュレーションのみ、抜き試合だけなら間違いなくシードの価値ありだが、この偏った構成を、主催者がどう評価するか。関東遠征の成績は黒潮旗が3位(埼玉栄に敗退)、中村抜きの松尾三郎杯はベスト16(埼玉栄に敗退)、フルメンバーの若潮杯は予選リーグ落ち(東海大甲府と足立学園に敗退)。締めの試合であった若潮杯で見せた脆さは、主催者に与える印象としてかなりマイナスだが、その評価やいかにというところ。

同じワントップチームとしては、前代の大牟田躍進を支えた新エース・石本慎太郎を擁する大牟田高(福岡)の名前も挙がる。石本は前代の「足し算」ロールからチームの牽引役への羽化にやや手間取っている印象も受けたが、やはりモノの良さは相当なもの。

ここから先は非常に難しい。東海大甲府高(山梨)、津幡高(石川)、小杉高(富山)、福井工大福井高(福井)、東京予選決勝で国士館と代表戦までもつれ込む接戦を演じた日体大荏原高(東京)、松尾三郎杯でその日体大荏原高をストレートの3点奪取の末に4-1という大差で蹴散らした常磐高(群馬)など、ラベルを貼るのは難しいが地力十分というチームがボーダーラインにずらり並んでいる。力から言えばどこがピックアップされてもおかしくないが、逆にいえば、他に決定的な差をつける材料が見出しがたい。

というわけで、eJudo編集部が考える今年の男子シード校は下記。

[Aシード校]東海大相模高(神奈川)、国士舘高(東京)、大成高(愛知)、埼玉栄高(埼玉)
[Bシード校]木更津総合高(千葉)、加藤学園高(静岡)、田村高(福島)、東海大仰星高(大阪)

最後の1枠は、崇徳の招待試合シリーズの苦戦と、抜き試合レギュレーションにおける中村保有という東海大仰星のアドバンテージ、さらに大牟田が関東遠征で成績を残しきれなかったことと今年の九州地区一帯の評価が決して高くないことを勘案した。ただ、加藤学園(6番手)以降はどう組み合わされ、どう入れ替えられてもまったくおかしくない。主催者が「無難に」組むなら過去の実績がある崇徳、そして日体大荏原を入れて波風なく収めてしまうことも十分考えられる。両チームとも、特に日体大荏原は招待試合シリーズの結果からは到底推せないが、このあたりどう考えるか。いずれ、曖昧に妥協するのではなく、真摯な議論の末のアウトプットを望む。

※参考資料・冬季招待試合シリーズ上位校

第43回黒潮旗武道大会
(12月8日・於東海大翔洋高アリーナ)

優 勝:埼玉栄高(埼玉)
準優勝:東海大相模高(神奈川)
第三位:国士舘高(東京)、東海大仰星高(大阪)
ベスト8:育英高(兵庫)、東海大甲府高(山梨)、日体大荏原高(東京)、津幡高(石川)

第33回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会
(12月22日・國學院大学たまプラーザキャンパス)

優 勝:東海大相模高(神奈川)
準優勝:木更津総合高(千葉)
第三位:加藤学園高(静岡)、埼玉栄高(埼玉)
ベスト8:国士舘高(東京)、桐蔭学園高(神奈川)、常磐高(群馬)、崇徳高(広島)

第19回水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会
(12月26日・城西国際大学スポーツ文化センター)
優 勝:大成高(愛知)
準優勝:市立習志野高(千葉)
第三位:大牟田高(福岡)、千葉経済大附高(千葉)
優秀校:東海大浦安高(千葉)、木更津総合高(千葉)、國學院大栃木高(栃木)、埼玉栄高(埼玉)

第36回若潮杯争奪武道大会
(12月27日・国際武道大学)

優 勝:国士舘高(東京)
準優勝:東海大相模高(神奈川)
第三位:田村高(福島)、東海大甲府高(山梨)
ベスト8:足立学園高(東京)、神戸国際大附高(兵庫)、東海大札幌高(神奈川)、天理高(奈良)

■ 女子
eJudo Photo
須磨学園夙川高。写真は水田杯決勝のオーダー。

eJudo Photo
若潮杯決勝時の敬愛高

eJudo Photo
創志学園高。黒潮旗ではみごと優勝を飾った。

女子は体重別3人制という締め付けのきついレギュレーションのため、ポジションごとの力関係がわかりやすく、ゆえにシード校も比較的読みやすい。突き抜けた超強豪のない代ではあるが、四つ角シード校の顔はほぼ見えている。

まっさきに名を挙げたいのが須磨学園夙川高(兵庫県)。冬の招待試合シリーズでは水田杯、若潮杯と関東遠征のメジャー大会に連勝。この2大会は休養日のない連戦であったが、戦後「練習に比べたら試合は体力の消耗が少ない。昨日1日でだいぶ体力が回復していましたね。」と笑う松本純一郎監督の顔は忘れがたい。人材と錬磨、いずれも揃ったV候補の筆頭である。先鋒(52kg級)枠に出口華と負傷癒えつつある高橋安未、中堅(63kg級)枠に新名彩乃と畑田暁菜、無差別枠に桑形萌花と新井万央を揃えた陣容実力、厚み、そして選手の「華」と他の追随を許さない。

伍するチームは敬愛高(福岡)と富士学苑高(山梨)。

敬愛は先鋒枠に全日本カデ52kg級で決勝を争った多田薫と坪根和海、中堅枠に57kg級の強者大森朱莉と中本真奈美、大将枠に松澤佑栞と野地川友里、さらに丸山みかのと優勝クラスのチームを2つ編成出来てしまいそうな巨大戦力。純戦力からも、該当階級の強化選手の多さからも四つ角シードは間違いなし。

富士学苑はいわずと知れた昨年の三冠チーム。今年は招待試合シリーズに出て来ておらずいまひとつ仕上がりが見えない状況ではあるが、中堅にインターハイ63kg級2位の小齊穂奈美、大将に同78kg超級2位の平野友萌を揃えるという強力陣容。昨年の実績もあり、敬愛、須磨学園夙川とこの3校間で評価に差をつけがたい場合、直近のインターハイ準優勝者2人を上位階級2つに持つこのチームが第1シードという可能性が十分ありうるのではないだろうか。

もう1つの四つ角チームは、ほぼ間違いなく創志学園高(岡山)だろう。黒潮旗で桐蔭学園高(神奈川)に競り勝って優勝、水田杯では2位と立て続けに好成績を挙げている。57kg級の中橋優香と63kg級の石岡来望の強力2枚が中堅枠で被ってしまっているが、階級落ちながらカデ強化を張る先鋒枠の1年生杉森未咲の存在を以て「複数強化選手の存在」という例年主催者が重視するファクターを満たす。他チームとの実績差からもシード確実、ここまでで四つ角は締め切りと考えていいだろう。

以降は混戦。中堅に57kg級のカデ王者江口凜を置く桐蔭学園高(神奈川)、大将枠に杉村美寿希を持つ比叡山高、先鋒枠に稲垣若菜と横山美幸、大将枠に澤崎凛と強化選手の保有多数の大成高(愛知)。さらに新田高(愛媛)、長崎明誠高(長崎)、藤枝順心高(静岡)、佐賀商高(佐賀)らの名が挙がる。いずれも決定打なく、このBシード4校の予想は困難だ。

仮に、下記を提示して稿を閉じることとする。

[Aシード校]須磨学園夙川高(兵庫)、敬愛高(福岡)、富士学苑高(山梨)、創志学園高(岡山)
[Bシード校]桐蔭学園高(神奈川)、大成高(愛知)、新田高(愛媛)、比叡山高(滋賀)

組み合わせ抽選は冒頭書いた通り、15日(土)。順調に進めば夜には参加者に通知、翌朝には公式サイト上にアップされる見込み。その結果を楽しみに待ちたい。

※ eJudoメルマガ版2月13日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る