PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]フランスの本命ディッコ2連勝で本格ブレイク、70kg級決勝の日本勢対決は大野陽子が鮮やか「一本」で新添左季破る/グランドスラム・パリ最終日女子

(2020年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]フランスの本命ディッコ2連勝で本格ブレイク、70kg級決勝の日本勢対決は大野陽子が鮮やか「一本」で新添左季破る
グランドスラム・パリ最終日女子(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg超級決勝、ホマーヌ・ディッコがマリーナ・スルツカヤから大外巻込「一本」

グランドスラム・パリ大会は9日、現地のアコーホテルズアリーナ・ベルシーで最終日の男子4階級、女子3階級の競技が行われた。

女子78kg超級ではホマーヌ・ディッコ(フランス)が圧倒的な強さで優勝。2回戦でワールドマスターズ王者のテッシー・サフェルコウルス(オランダ)を投げた際に膝に重症を負わせた際には顔を覆って動揺あらわ。しかし以後も戦いぶりは変わらず、準々決勝ではラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を足車「一本」、準決勝ではベアトリス・ソウザ(ブラジル)を大外返「一本」と名だたる強豪を一蹴。決勝はマリーナ・スルツカヤ(ベラルーシ)を大外巻込「一本」に仕留めてグランプリ・テルアビブに続く今季ワールドツアー2連勝を達成した。

ディッコはカデ時代にシニアの団体戦代表に抜擢されるなどフランス次代のエースとして大事に育てられていたが、昨年は負傷でほぼ1シーズンを棒に振った。その間アン=ファトゥメタ・ムバイロ(フランス)やジュリア・トロフア(フランス)が台頭して来た経緯があるが、復帰するなり格の違いを見せつけた形。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る