PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]影浦心がリネールから歴史的勝利、優勝は全試合一本勝ちのフロルが浚う/グランドスラム・パリ最終日男子

(2020年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]影浦心がリネールから歴史的勝利、優勝は全試合一本勝ちのフロルが浚う
グランドスラム・パリ最終日男子
eJudo Photo
100kg超級3回戦、GS延長戦で影浦心がテディ・リネールから内股透「技有」。リネールの連勝は154でストップした。

グランドスラム・パリ大会は9日、現地のアコーホテルズアリーナ・ベルシーで最終日の男子4階級、女子3階級の競技が行われた。

男子100kg超級では影浦心(日本中央競馬会が3回戦でテディ・リネール(フランス)をGS延長戦の内股透「技有」で破る歴史的勝利。リネールは調整不足で過去ないほどの動きの悪さ、どこで脱落してもおかしくない出来であったが、2010年(東京世界選手権無差別決勝、上川大樹戦)以来無敗の絶対王者に土をつけるという栄は影浦が担うこととなった。

世界を驚かせた影浦、準々決勝では以後のトーナメントで最大の敵と目されたイナル・タソエフ(ロシア)を鮮やかな隅返「技有」で破って視界良好。しかし優勝という今大会最大のミッションは達成出来ず、決勝はヘンク・フロル(オランダ)の右小内刈「一本」に沈んで最終結果は2位だった。フロルは3回戦で東京世界選手権3位のキム・ミンジョン(韓国)を隅落と小外刈の合技「一本」に仕留めるなど好調、全試合一本勝ちでの戴冠だった。

大激戦となった90kg級は、第1シードのニコロス・シェラザディシヴィリ(スペイン)が持ち味を存分に発揮して優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る