PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]鍋倉再度のアグベニュー打倒はならず、48kg級はビロディドが苦しみながらも優勝果たす/グランドスラム・パリ2020第1日女子

(2020年2月9日)

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]鍋倉再度のアグベニュー打倒はならず、48kg級はビロディドが苦しみながらも優勝果たす
グランドスラム・パリ2020第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)
eJudo Photo
63kg級を制したクラリス・アグベニューが地元の大声援に応える。

eJudo Photo
48kg級決勝、ダリア・ビロディドが古賀若菜から払巻込「技有」

グランドスラム・パリ大会は8日、現地のアコーホテルズアリーナ・ベルシーで開幕。初日の女子は軽量4階級の競技が行われ、48kg級のダリア・ビロディド(ウクライナ)、57kg級の出口クリスタ(カナダ)、63kg級のクラリス・アグベニュー(フランス)とこの日出場した現役世界王者3名が揃って優勝。力を示した1日となった。

ビロディドは苦戦。序盤戦こそ得意の「横三角」で早い時間の「一本」を量産したが、3試合目(準々決勝)からは急激にスタミナが切れ、この試合では小内刈「技有」リードもカン・ユジョン(韓国)の横落崩れの右小外掛を受け損なってまったく意外な「技有」失陥。GS延長戦45秒に得意の横三角から抑え込んで事なきを得たが、準決勝でも世界ジュニア2位のシリーヌ・ブクリ(フランス)を相手に肩で息をしながら苦戦。「指導2」まで失った末にGS延長戦4分7秒小外掛「一本」でなんとか勝ち抜ける。減量ゆえか明らかにコンディションに問題がある印象だったが、決勝は古賀若菜(南筑高3年)を払巻込「技有」の優勢で退けてしっかり優勝を果たした。

古賀はグランドスラム大阪に続いてムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)を下すなど決勝までの5戦をすべて一本勝ち(3試合が「指導3」の反則)で勝ち上がったが、惜しくもビロディド超えはならなかった。

eJudo Photo
57kg級決勝、出口クリスタがドルジスレン・スミヤから巴投「技有」。今大会はこの技が冴えていた。

57kg級の出口は準決勝で地元フランスの1番手、この日も素晴らしい出来を見せていたサハ=レオニー・シジク(フランス)を巴投2発の合技「一本」で一蹴。決勝もドルジスレン・スミヤ(モンゴル)から巴投「技有」で下して危なげなかった。五輪代表争いのライバルであるジェシカ・クリムカイトは2敗で7位に沈んでおり、出口が再び格の違いをアピールした形となった。

この階級の日本代表、五輪代表争いに望みを繋ぎたかった玉置桃(三井住友海上)は痛恨のV逸。準々決勝でシジクに内股巻込「技有」を奪われながら逆に抑え込んだが、「技有」奪回直前に逃がしてしまいこの時点で残り時間は僅か39秒。焦って仕掛けた中途半端な前技を隅落で切り返され2つ目の「技有」を失って敗退決定、最終結果は3位だった。

eJudo Photo
63kg級決勝、クラリス・アグベニューが鍋倉那美から小外掛「一本」

63kg級のアグベニューは貫禄の全試合一本勝ち。決勝はワールドマスターズで苦杯を喫した鍋倉那美を組み手で圧倒し「指導2」先行、残り13秒に相手の右払腰を弾き返しての左小外掛「一本」で勝負を決めた。

鍋倉は準々決勝でユール・フランセン(オランダ)を足車「一本」、準決勝は僅か1分24秒の横四方固「一本」で下すなどしっかり決勝まで勝ち上がったが、最大のミッションであるアグベニュー超えはならず。初戦から動きが硬く、ワールドマスターズで見せた足技や担ぎ技を駆使した融通無碍の戦いぶりを再現することが出来なかった。土井雅子(JR東日本)は準々決勝でトルステニャクの左一本背負投フェイントの谷落に捕まり一本負け、最終結果は3位だった。

eJudo Photo
52kg級決勝、ディストリア・クラスニキがデット・ジュッフリダから膝車「技有」先行。

52kg級は、1階級下の48kg級でワールドマスターズを制したばかり、スポット的に「出戻り」出場したディストリア・クラスニキ(コソボ)が驚きの優勝。持ち前のパワーで1階級上の強者たちを完封、準決勝からは志々目愛(了徳寺大職)、サラ・メネゼス(ブラジル)、オデット・ジュッフリダ(イタリア)をすべて「指導3」の反則で下して優勝した。志々目は3位決定戦でアストリーデ・ネト(フランス)を内股「一本」に斬り落として表彰台を確保した。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級メダリスト。左から2位の古賀若菜、優勝のダリア・ビロディド、3位のメラニー・クレモンとムンフバット・ウランツェツェグ。

(エントリー34名)

【入賞者】
1.BILODID, Daria (UKR)
2.KOGA, Wakana (JPN)
3.CLEMENT, Melanie (FRA)
3.MUNKHBAT, Urantsetseg (MGL)
5.MARTINEZ ABELENDA, Laura (ESP)
5.BOUKLI, Shirine (FRA)
7.KANG, Yujeong (KOR)
7.RISHONY, Shira (ISR)

【準々決勝】
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○GS合技[小内刈・崩上四方固](GS0:45)△カン・ユジョン(韓国)
シリーヌ・ブクリ(フランス)○隅返(2:29)△ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)
メラニー・クレモン(フランス)○反則[指導3](3:52)△シラ・リショニー(イスラエル)
古賀若菜○GS反則[指導3](GS1:11)△ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)

【敗者復活戦】
ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)○優勢[技有・大外刈]△カン・ユジョン(韓国)
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○腕挫十字固(2:27)△シラ・リショニー(イスラエル)

【準決勝】
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○GS小外掛(GS4:07)△シリーヌ・ブクリ(フランス)
古賀若菜○合技[小外掛・崩袈裟固](2:56)△メラニー・クレモン(フランス)

【3位決定戦】
メラニー・クレモン(フランス)○払腰(0:49)△ラウラ・マルティネス=アベレンダ(スペイン)
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)○腕挫十字固(0:42)△シリーヌ・ブクリ(フランス)

【決勝】
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○優勢[技有・払巻込]△古賀若菜

【日本代表選手勝ち上がり】

古賀若菜(南筑高3年)
成績:2位


[1回戦]
古賀若菜○縦四方固(3:41)△オウ・ヨンジュ(韓国)

[2回戦]
古賀若菜○GS反則[指導3](GS1:20)△ミリカ・ニコリッチ(セルビア)

[3回戦]
古賀若菜○反則[指導3](3:53)△アクマラル・ナウアトベク(カザフスタン)

[準々決勝]
古賀若菜○GS反則[指導3](GS1:11)△ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)

[準決勝]
古賀若菜○合技[小外掛・崩袈裟固](2:56)△メラニー・クレモン(フランス)

[決勝]
古賀若菜△優勢[技有・払巻込]○ダリア・ビロディド(ウクライナ)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級メダリスト。左から2位のオデット・ジュッフリダ、優勝のディストリア・クラスニキ、3位の志々目愛とラリッサ・ピメンタ。

(エントリー40名)

【入賞者】
1.KRASNIQI, Distria (KOS)
2.GIUFFRIDA, Odette (ITA)
3.SHISHIME, Ai (JPN)
3.PIMENTA, Larissa (BRA)
5.GNETO, Astride (FRA)
5.MENEZES, Sarah (BRA)
7.MOSDIER, Anais (FRA)
7.SUROVA, Anna (UKR)

【準々決勝】
ディストリア・クラスニキ(コソボ)○反則[指導3](3:34)△志々目愛
サラ・メネゼス(ブラジル)○払腰(1:52)△アネイ・モスディ(フランス)
オデット・ジュッフリダ(イタリア)○GS反則[指導3](GS1:26)△ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)
アストリーデ・ネト(フランス)○GS技有・腰車(GS0:14)△アンナ・スロワ(ウクライナ)

【敗者復活戦】
志々目愛○崩袈裟固(0:54)△アネイ・モスディ(フランス)
ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)○合技[袖釣込腰・袖釣込腰](1:57)△アンナ・スロワ(ウクライナ)

【準決勝】
ディストリア・クラスニキ(コソボ)○GS反則[指導3](GS2:09)△サラ・メネゼス(ブラジル)
オデット・ジュッフリダ(イタリア)○GS反則[指導3](GS1:00)△アストリーデ・ネト(フランス)

【3位決定戦】
志々目愛○GS内股(GS0:36)△アストリーデ・ネト(フランス)
ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)○GS技有・一本背負投(GS0:08)△サラ・メネゼス(ブラジル)

【決勝】
ディストリア・クラスニキ(コソボ)○反則[指導3](3:44)△オデット・ジュッフリダ(イタリア)

【日本代表選手勝ち上がり】

志々目愛(了徳寺大職)
成績:3位


[2回戦]
志々目愛○崩袈裟固(2:46)△レカ・プップ(ハンガリー)

[3回戦]
志々目愛○崩袈裟固(1:47)△ジョアナ・ラモス(ポルトガル)

[準々決勝]
志々目愛△反則[指導3](3:34)○ディストリア・クラスニキ(コソボ)

[敗者復活戦]
志々目愛○崩袈裟固(0:54)△アネイ・モスディ(フランス)

[3位決定戦]
志々目愛○GS内股(GS0:36)△アストリーデ・ネト(フランス)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左から2位のドルジスレン・スミヤ、優勝の出口クリスタ、3位の玉置桃とノラ・ジャコヴァ。

(エントリー50名)

【入賞者】
1.DEGUCHI, Christa (CAN)
2.DORJSUREN, Sumiya (MGL)
3.TAMAOKI, Momo (JPN)
3.GJAKOVA, Nora (KOS)
5.MONTEIRO, Telma (POR)
5.CYSIQUE, Sarah Leonie (FRA)
7.NELSON LEVY, Timna (ISR)
7.KLIMKAIT, Jessica (CAN)

【準々決勝】
クリスタ・デグチ(カナダ)○横四方固(1:24)△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)
サハ=レオニー・シジク(フランス)○合技[内股巻込・隅落](3:34)△玉置桃
ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)○GS反則[指導3](GS3:18)△ジェシカ・クリムカイト(カナダ)
テルマ・モンテイロ(ポルトガル)○優勢[技有・巴投]△ノラ・ジャコヴァ(コソボ)

【敗者復活戦】
玉置桃○横四方固(3:57)△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)
ノラ・ジャコヴァ(コソボ)○反則[指導3](3:57)△ジェシカ・クリムカイト(カナダ)

【準決勝】
クリスタ・デグチ(カナダ)○合技[巴投・巴投](1:52)△サハ=レオニー・シジク(フランス)
ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)○DH反則[危険行為](0:58)△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
※立ち姿勢から危険な形で関節を極めたことによる

【3位決定戦】
玉置桃○不戦△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
ノラ・ジャコヴァ(コソボ)○崩上四方固(3:24)△サハ=レオニー・シジク(フランス)

【決勝】
クリスタ・デグチ(カナダ)○優勢[技有・巴投]△ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)

【日本代表選手勝ち上がり】

玉置桃(三井住友海上)
成績:3位


[2回戦]
玉置桃○GS背負投(GS0:34)△クォン・ユジョン(韓国)

[3回戦]
玉置桃○崩上四方固(2:33)△ディアナ・ジガロス(ロシア)

[準々決勝]
玉置桃△合技[内股巻込・隅落](3:34)○サハ=レオニー・シジク(フランス)

[敗者復活戦]
玉置桃○横四方固(3:57)△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)

[3位決定戦]
玉置桃○不戦△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)

■ 63kg級
eJudo Photo
63kg級メダリスト。左から2位の鍋倉那美、優勝のクラリス・アグベニュー、3位のティナ・トルステニャクと土井雅子。

(エントリー41名)

【入賞者】
1.AGBEGNENOU, Clarisse (FRA)
2.NABEKURA, Nami (JPN)
3.TRSTENJAK, Tina (SLO)
3.DOI, Masako (JPN)
5.BEAUCHEMIN-PINARD, Catherine (CAN)
5.LESKI, Andreja (SLO)
7.HAN, Hee Ju (KOR)
7.FRANSSEN, Juul (NED)

【準々決勝】
クラリス・アグベニュー(フランス)○谷落(2:59)△キャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)
アンドレヤ・レスキ(スロベニア)○合技[大内返・崩袈裟固](2:30)△ハン・ヒジュ(韓国)
ティナ・トルステニャク(スロベニア)○谷落(1:00)△土井雅子
鍋倉那美○足車(3:09)△ユール・フランセン(オランダ)

【敗者復活戦】
キャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)○GS反則[指導3](GS2:19)△ハン・ヒジュ(韓国)
土井雅子○不戦△ユール・フランセン(オランダ)

【準決勝】
クラリス・アグベニュー(フランス)○合技[小内刈・隅落](2:09)△アンドレヤ・レスキ(スロベニア)
鍋倉那美○横四方固(1:24)△ティナ・トルステニャク(スロベニア)

【3位決定戦】
ティナ・トルステニャク(スロベニア)○GS反則[指導3](GS3:42)△キャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)
土井雅子○GS反則[指導3](GS1:43)△アンドレヤ・レスキ(スロベニア)

【決勝】
クラリス・アグベニュー(フランス)○小外掛(3:47)△鍋倉那美

【日本代表選手勝ち上がり】

鍋倉那美(三井住友海上)
成績:2位


[2回戦]
鍋倉那美○優勢[技有・内股]△レナタ・ジャコワ(チェコ)

[3回戦]
鍋倉那美○優勢[技有・崩上四方固]△チョ・モッキ(韓国)

[準々決勝]
鍋倉那美○足車(3:09)△ユール・フランセン(オランダ)

[準決勝]
鍋倉那美○横四方固(1:24)△ティナ・トルステニャク(スロベニア)

[決勝]
鍋倉那美△小外掛(3:47)○クラリス・アグベニュー(フランス)

土井雅子(JR東日本)
成績:3位


[2回戦]
土井雅子○崩上四方固(1:44)△サマラ・オリヴェイラ(ブラジル)

[3回戦]
土井雅子○横四方固(2:40)△ルーシー・レンシャル(イギリス)

[準々決勝]
土井雅子△谷落(1:00)○ティナ・トルステニャク(スロベニア)

[敗者復活戦]
土井雅子○不戦△ユール・フランセン(オランダ)

[3位決定戦]
土井雅子○GS反則[指導3](GS1:43)△アンドレヤ・レスキ(スロベニア)

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る