PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]永山竜樹と橋本壮市が優勝、66kg級は決勝の同国対決をアン・バウルが制す/グランドスラム・パリ2020第1日男子

(2020年2月9日)

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]永山竜樹と橋本壮市が優勝、66kg級は決勝の同国対決をアン・バウルが制す
グランドスラム・パリ2020第1日男子
eJudo Photo
73kg級決勝、橋本壮市がジャンサイ・スマグロフから隅落「技有」

グランドスラム・パリ大会は8日、現地のアコーホテルズアリーナ・ベルシーで開幕。初日の男子は軽量3階級の競技が行われ、日本勢は60kg級の永山竜樹(了徳寺大職)と73kg級の橋本壮市(パーク24)が優勝を飾った。東京五輪代表争いで2番手につける2人が、しっかり為すべき仕事を果たした形。

永山は動き良し、3回戦のワリード・キア(フランス)戦は左袖釣込腰「技有」に引き出しの出足払「技有」の合技で快勝。勝負どころの準々決勝、キム・ウォンジン(韓国)戦は膝裏への小外掛「技有」に肘抜きの右背負投「技有」と連取してこの難敵を寄せ付けず。準決勝は売り出し中のミフラジ・アックス(トルコ)から左背負投「技有」を奪って手堅く優勢勝ち。決勝はヤゴ・アブラゼ(ロシア)の「加藤返し」に捕まって裏固で抑え込まれる大ピンチに陥ったが、これを「技有」までに留めて執念の脱出。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る