PAGE TOP ↑
eJudo

グランドスラム・パリ最終日女子3階級プレビュー(70kg級、78kg級、78kg超級)

(2020年2月9日)

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。
グランドスラム・パリ最終日女子3階級プレビュー
(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
東京世界選手権を制したマリー=イヴ・ガイ

文責:eJudo編集部

■70kg級・世界王者ガイが地元に凱旋、大野陽子と新添左季がそれに挑む

(エントリー43名)

現役世界王者のマリー=イヴ・ガイ(フランス)が地元大会に凱旋。ほか、マルゴ・ピノ(フランス)、サリー・コンウェイ(イングランド)、アンナ・ベルンホルム(スウェーデン)、バルバラ・ティモ(ポルトガル)ら旬の強豪が色濃く参戦、この階級の有力選手の多さを反映して非常に分厚いトーナメントが形成された。新井千鶴(三井住友海上)やキム・ポリング(オランダ)など世界大会で優勝を狙うクラスの強豪の出場はガイのみだが、世界選手権と比べても見劣りしない豪華な陣容だ。

優勝候補はもちろん第1シードのガイ。密着してのパワーファイトというリスキーなスタイルゆえに戴冠以降はタイトルから遠ざかっており、地元開催の今大会でこの嫌な流れを払拭したいところ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る