PAGE TOP ↑
eJudo

グランドスラム・パリ最終日男子4階級プレビュー(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)

(2020年2月9日)

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。
グランドスラム・パリ最終日男子4階級プレビュー
(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
東京世界選手権の覇者サギ・ムキ。

文責:eJudo編集部

■81kg級 世界王者サギ・ムキ中心に強豪密集、藤原崇太郎は背水の陣
(エントリー70名)

総エントリー数70名、大会第2日目最大の巨大トーナメントである。下記有力選手リストをご確認いただければわかるとおり、一息には書き切れないくらいの強豪がパリに集った。

第1シードに座るのは現役世界王者のサギ・ムキ(イスラエル)。昨年12月のワールドマスターズでは準決勝で負った怪我のために決勝を棄権しており、先月行われた地元の晴れ舞台グランプリ・テルアビブも出場を回避した。復帰戦となる今大会、いかなるパフォーマンスを見せるのかに注目が集まる。

対抗1番手は、第2シード配置の2019年ワールドマスターズ王者マティアス・カッス(ベルギー)。同大会では後の先という新たなモードを持ち込んで返し技を決めまくった

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る