PAGE TOP ↑
eJudo

グランドスラム・パリ第1日女子4階級プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)

(2020年2月8日)

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。
グランドスラム・パリ第1日女子4階級プレビュー
(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)
文責:古田英毅/eJudo編集部

■ 48kg級 女王ダリア・ビロディド降臨、古賀若菜が決勝での対決目指す
eJudo Photo
ダリア・ビロディドが今季初戦に挑む。

(エントリー34名)

2018年バクー世界選手権、2019年東京世界選手権を立て続けに制した現役世界王者ダリア・ビロディド(ウクライナ)がエントリー。これが今季の初戦である。もっかのランキングの高さ(1位、3位の渡名喜風南に1235点差)、173センチという高身長下における減量の困難さ、全ての選手に研究される非対称的なその立場を考えると、本番の東京五輪までに行うビロディドの実戦機会はおそらく僅少。ファンにとっては絶対に見逃せない大会だ。

東京世界選手権に勝った後は、10月のグランドスラム・アブダビに出場し、決して好調とは思われない動きながらも圧勝V。ただし、トップクラスとの対戦が皆無だったこの時と違い、今回は相応の準備とパフォーマンスが要求される。久々の「本気のビロディド」の出来に注目である。

ビロディドの山に配されたもう1人のシード選手はカン・ユジョン(韓国)でこれはおそらく問題なし。隣の山ではガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)がシードを張るが、昨年来の不調を考えればきちんと勝ち上がって来れるかどうかが心配になるレベル。決勝までの道のりはスムーズだろう。

日本の古賀若菜(南筑高3年)はプールD配置。ここは古賀とシード選手ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)が同居するという一事を以て最激戦ブロックと規定される。古賀は初戦で韓国の22歳、国際大会の実績がほとんどないオウ・ヨンジュ(韓国)と対戦。以降はいきなりレベルが上がり、ミリカ・ニコリッチ(セルビア)、モニカ・ウングレアヌ(ルーマニア)、そしてムンフバットとかなり手ごたえあるカードが続く。ガルバドラフを大外落「一本」、ムンフバットを袈裟固「一本」で片づけたグラドスラム大阪の再現に期待したい。

古賀-ビロディド。東京五輪代表争いは、渡名喜風南に圧倒的すぎるアドバンテージあり。まだ内定が出ていないのが不思議なほどの実績の差があるが、代表争い云々を別にして純粋に心躍るカード。すばしこい印象のある古賀であるが、その強さの因は体幹の強さ。国際級のパワーファイターの前進を弾き返し、低い大内刈に嵌めていく体自体の強さにある。ヒットアンドアウェイの軽量級作戦を取りつつ、当たるとその戦い方とそぐわないほどの力がバチリと伝わり、相手の技にも揺るがない。この古賀の力が、「女ヘーシンク」とでもいうべき体幹を誇るビロディド、中量級選手の技も腰で弾き返してしまうあの絶対王者に通用すのか。楽しみというしかないカード。実現に期待したい。

eJudo Photo
日本代表は古賀若菜

【プールA】
第1シード:ダリア・ビロディド(ウクライナ)
第8シード:カン・ユジョン(韓国)

【プールB】
第4シード:ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)
第5シード:ラウラ・マルティネス=アベレンダ?(スペイン)
有力選手:シリーヌ・ブクリ(フランス)、アレシア・クズネツォワ(ロシア)、ガンバータル・ナランツェツェグ(モンゴル)

【プールC】
第2シード:メラニー・クレモン(フランス)
第7シード:シラ・リショニー(イスラエル)

【プールD】
第3シード:ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
第6シード:ミリカ・ニコリッチ(セルビア)
有力選手:メロディ・ヴガニ(フランス)、モニカ・ウングレアヌ(ルーマニア)
日本代表選手:古賀若菜(南筑高3年)

■ 52kg級 ケルメンディ直前で欠場、志々目愛の使命は優勝のみ
eJudo Photo
志々目愛は第1シード、許される結果は優勝のみ

(エントリー40名)

当初エントリーしていたリオデジャネイロ五輪金メダリストのマイリンダ・ケルメンディ(コソボ)がドロー段階で出場を回避。地元フランスのアモンディーヌ・ブシャーも欠場しており、大会のグレードを考えれば少々物足りないトーナメントとなった。豪華トーナメント目白押しの今大会にあっては少々さみしい顔ぶれの階級と言える。

優勝候補は、第1シードの2017年ブダペスト世界選手権王者・志々目愛(了徳寺大職)。出場者を眺める限り対抗馬は第2シードのオデット・ジュッフリダ(イタリア)ということになるが、たとえ平均値の出来でも問題なく優勝することが出来ると踏む。阿部詩(日本体育大1年)を追うために少しでも材料の欲しい志々目としてはむしろケルメンディと対戦したかったはず。この点多少の落胆があるかもしれないが、しっかり勝っておくに如くはなし。

組み合わせ上の山場は準々決勝にあり、対戦相手は久々52kg級に復帰した東京世界選手権48kg級銅メダリストのディストリア・クラスニキ(コソボ)。今回は調整出場と考えられ52kg級に合わせたコンディションではないと思われるが、あっという間に相手の柔道を塗りつぶしてしまうそのパワーはやはり要注意だ。ほか、有力選手と括られるレベルにあるのはシャーリン・ファンスニック(ベルギー)、ラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)、アナ・ペレス=ボックス(スペイン)らいずれもワールドツアーの常連出場者であり、実力、方法論ともに未知の部分は少ない。志々目が戦ううえで、それほど問題にはならないはず。

ほか、期待のニューフェイスという意味では地元フランス期待の18歳、ファイザ・モクダ(フランス)に注目したい。過去にもシニア大会に出場したことがあり、ジュニア選手ながらジョン・ボキョン(韓国)やエヴェリン・チョップ(スイス)にも勝利歴がある。昨年9月のヨーロッパジュニア選手権を制して以降は怪我でもしたのか世界ジュニア選手権にも出場しておらず、今大会が半年ぶりの大会出場。最近のフランス女子の育成の上手さを考えれば今後国際シーンの上位に割って入る可能性も高く、世代的にも阿部のライバル候補としてここで一度チェックしておきたい。まだまだグランドスラムレベルの大会を勝ち上がることは難しいと思われるが、楽しみな選手だ。

eJudo Photo
オデット・ジュッフリダが第2シードに配された

【プールA】
第1シード:志々目愛(了徳寺大職)
第8シード:アンジェリカ・デルガド(アメリカ)
有力選手:レカ・プップ(ハンガリー)、ジョアナ・ラモス(ポルトガル)、ディストリア・クラスニキ(コソボ)

【プールB】
第4シード:シャーリン・ファンスニック(ベルギー)
第5シード:ギリ・コーヘン(イスラエル)
有力選手:カチャコーン・ワラシハ(タイ)、サラ・メネゼス(ブラジル)、ビシュレルト・ホルロードイ(モンゴル)

【プールC】
第2シード:オデット・ジュッフリダ(イタリア)
第7シード:ラリッサ・ピメンタ(ブラジル)
有力選手:ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)、パク・ダソル(韓国)、ファイザ・モクダ(フランス)、アガタ・ペレンク(ポーランド)

【プールD】
第3シード:アナ・ペレス=ボックス(スペイン)
第6シード:アストリーデ・ネト(フランス)
有力選手:ラグワスレン・ソソルバラム(モンゴル)

■ 57kg級 女子屈指の激戦階級、出口クリスタと玉置桃が準決勝で激突
eJudo Photo
第1シードは出口クリスタ

eJudo Photo
玉置桃が準決勝で出口と対戦濃厚

eJudo Photo
カナダの2番手ジェシカ・クリムカイト。ワールドランキングも出口、芳田司に次ぐ3位につけている

(エントリー51名)

垂涎、というべき役者が揃った。現役世界王者出口クリスタ(カナダ)、出口と激しくカナダ代表の座を争うジェシカ・クリムカイト(カナダ)、グランドスラム大阪を制した玉置桃(三井住友海上)にノラ・ジャコヴァ(コソボ)と強豪4人の山がきっちり分かれ、それぞれの選手に同プール内で「刺客」ともいうべき強者がきちんと配された。みどころのはっきりした、かつ勝ち上がり難易度の高いサバイバルトーナメントとなっている。

出口は第1シードの恩恵を受けた形で、プールファイナルまでの道のりは比較的容易。ただし変数として、男子ばりの「グルジアスタイル」で世界ジュニア選手権を圧勝したパワーファイター、エテリ・リパルテルアニ(ジョージア)と対戦の可能性がある。帯取返に「やぐら投げ」と、以降の女子柔道界に新風を吹き込んだこの選手の王者打倒なるか、はたまた技術はもちろん実は力なら誰にも負けない出口がこれを首尾よく弾き返すか、注目である。

プールBのシード選手玉置には初戦でクォン・ヨジュン(韓国)、そして準々決勝にはフランスの新一番手サハ=レオニー・シジク(フランス)が待ち受ける。昨年来調子が安定せず玉置との泥沼の担ぎ合いについてこれない可能性の高いクォンはともかく、伸び盛りで爆発力あるシジクとの一番はまさに大山場。本格派狩りの得意な玉置はこの選手に2連勝中であるが、いずれも昨夏の大ブレイク前。足技も巧く、なにより研究能力に長けたフランスが地元で送り出す一番手というシジクの立場を考えると油断はならない。

プールCのクリムカイトには初戦でキム・ジャンディ(韓国)、続く3回戦でダリア・メジェツカイア(ロシア)、準々決勝でドルジスレン・スミヤ(モンゴル)あるいはエレーヌ・ルスヴォ(フランス)が配された。ドルジスレンが調子あがらぬここ1年の戦いから敷衍すれば、山場はメジェツカイア戦か。ちなみにドルジスレン-ルスヴォのカードは1回戦で組まれており、これはトーナメント序盤における最注目カードの一。

プールDの第3シード選手ジャコヴァは、もっとも戦い易い位置を引いた。準々決勝でテルマ・モンテイロ(ポルトガル)戦があるが、難度は他ブロックとは比較にならない。

優勝争いのほか、この57kg級を貫くもう1つの軸として各国の五輪代表争いがある。

まずカナダ。客観的に見れば現役世界王者出口クリスタのアドバンテージが圧倒的だが、国内規定上、ランキング上位8位以内に複数の選手がいる場合には、今春組まれる直接対決3連戦で代表を決めることになるという情報。世界を獲り、直接対決で5連勝してなお出口にはここで負けられない、そしてクリムカイトにはあきらめられない事情がある。トーナメント全体でみれば準決勝で玉置と戦う可能性が高い出口のほうが今回は勝利の難度が高く、出口-玉置戦を逆サイドで待ち構えるクリムカイトにとってはアドバンテージあり。出口がこれを乗り越えるか、クリムカイトがこの「少しだけの幸運」を生かして運命を手繰り寄せるか。

日本は、第1候補者の芳田司が不調の中、今回出場する玉置が11月のグランドスラム大阪、12月のワールドマスターズとこの芳田に直接対決2連勝中(2018年グランドスラム大阪を加えると3連勝中)という事情がある。玉置がワールドマスターズ決勝でキム・ジンア(北朝鮮)に敗れて優勝ならなかったため制度上の「差」は埋まらず今回も同時派遣はならなかったが、ここで勝って芳田にプレッシャーを掛けるに如くはなし。というよりも、優勝できなければこの直接対決の実績は、制度上「無」に帰すと考えていい。絶対に負けられない戦いだ。

フランスは、リオ後の一線を担いながらここ1年でシジクに1番手の座を奪われた感のあるルスヴォが最後の挑戦。地味ながらキム・ジャンディとクォンがキム・チス(今回不出場)と激戦を繰り広げる韓国からも目が離せない。

eJudo Photo
ノラ・ジャコヴァは第3シード

eJudo Photo
フランスの信一番手サハ=レオニー・シジク

【プールA】
第1シード:クリスタ・デグチ(カナダ)
第8シード:ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)
有力選手:ロレダナ・オフイ(ルーマニア)、ヨワナ・ロギッチ(セルビア)、サンネ・フェルハーヘン(オランダ)、エテリ・リパルテリアニ(ジョージア)、ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)、ミリアム・ローパー(パナマ)

【プールB】
第4シード:玉置桃(三井住友海上)
第5シード:サハ=レオニー・シジク(フランス)
有力選手:クォン・ユジョン(韓国)、ザブリナ・フィルツモザー(オーストリア)

【プールC】
第2シード:ジェシカ・クリムカイト(カナダ)
第7シード:カヤ・カチェラ(スロベニア)
有力選手:キム・ジャンディ(韓国)、ダリア・メジェツカイア(ロシア)、セヴァラ・ニシャンバエワ(カザフスタン)、アンナ・ボロフスカ(ポーランド)、イヴェリナ・イリエワ(ブルガリア)、ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)、エレーヌ・ルスヴォ(フランス)

【プールD】
第3シード:ノラ・ジャコヴァ(コソボ)
第6シード:テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
有力選手:アレクサンドラ=ラリサ・フロリアン(アゼルバイジャン)、プリシラ・ネト(フランス)、コリーナ・ステファン(ルーマニア)

■ 63kg級 絶対王者アグベニュー相手に連勝狙う鍋倉那美、最難関は準決勝の土井雅子戦
eJudo Photo
絶対王者クラリス・アグベニュー。パリ大会の顔だ。

eJudo Photo
アグベニュー相手の連勝に挑む鍋倉那美

(エントリー41名)

日本のファンにとってはもっとも目の離せない階級。12月のワールドマスターズで一番手田代未来(コマツ)に一本勝ちしたばかりか、絶対王者クラリス・アグベニュー(フランス)に土をつけて優勝した鍋倉那美(三井住友海上)が、大逆転の五輪出場を目ざして再びこの王者に挑む。

鍋倉、ここで負けてはあの勝利が無駄になる。田代は過去1度だけアグベニューに勝利したことがあるが、それがまさに同じワールドマスターズ(2017年12月)、そして「あれはまぐれ」とばかりにあっという間のリベンジを許してしまったのが、このグランドスラム・パリ(2018年2月)であった。鍋倉はいまあのルートの半ば、1回勝って再戦に挑むという、運命の別れ道に立っているのである。もしここで負ければ、「アグベニューの調子の底に自身のベストがかち合った」と評価される田代の1勝と相似の現象として鍋倉の勝利は過去の箱に片づけられ、五輪代表選考に及ぼす影響は雲散霧消。逆に、アグベニューがベストを期すはずの地元パリ大会で連勝を果たせば「アグベニューを倒すには鍋倉」という「相性」が選考システムに食って入るアドバンテージとして機能することになる。あの時田代が決めた技は力で力を制す抱きつきの大内刈。ハイコンディションのアグベニューに再び決められるかとなると疑問符のつく技であったが、鍋倉が決めた「担ぎ技の連続攻撃の帰結としての転がり落とし」は、対本格派の方法論としても、担ぎ技の受けに難が感じられるアグベニューへのカスタムウェポンとしても十分に再現性の感じられるものであった。あの奇跡的な一撃はまぐれか、それとも日本に王者超えをもたらす必殺の刃なのか。今大会に鍋倉のキャリアの、そして日本代表の運命が掛かる。

アグベニューは第1シード。鍋倉と対戦あるとすれば決勝だが、率直にいってその進軍を阻むレベルの選手は誰1人として見当たらない。決勝進出は既定路線だ。

一方の鍋倉は厳しい。序盤のカタリナ・ヘッカー(オーストラリア)やチョ・モッキ(韓国)はともかくとして、準決勝でリオ五輪王者ティナ・トルステニャク(スロベニア)あるいは土井雅子(JR東日本)との対戦が待ち受けるのだ。そしてトルステニャクの日本人相手の相性の悪さと現状の土井の充実を考えれば、対戦相手はむしろ、ほぼ間違いなく土井と考えるべきだろう。

まさに最難関中の最難関。鍋倉はこの土井に2018年グランドスラム大阪決勝で7分超えの長時間試合の末に「指導3」で敗れ、昨秋の講道館杯では勝ったとはいえこれも試合時間11分に迫る粘戦の末の「指導3」による辛勝。流れの中でどちらに反則が宣されてもおかしくない場面が幾度もある、大接戦だった。ともに組み手が上手く、寝技はしぶとく、危機察知能力が極めて高い。おそらく両者ともに勝利のための決定的なビジョンは持つことは難しく「気持ちで退かない」「一瞬の隙を見逃さない」と心に決めて臨むしかない、スーパーハイプレッシャー試合となるのではないだろうか。ワールドマスターズでキャリアハイ、一段突き抜けたパフォーマンスを見せた鍋倉が真に「羽化」を遂げたのかどうかが厳しく問われる試合となるだろう。

土井が勝てば鍋倉の五輪代表の芽は潰え、しかし相対的に五輪代表に近づくのは勝った土井ではなく一番手の田代。それでも勝つしか己の存在証明の方法がない土井、そしてここで勝たねばすべてを失う鍋倉。五輪代表を巡るドラマ、ここにまさに最高潮である。

【プールA】
第1シード:クラリス・アグベニュー(フランス)
第8シード:キャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)
有力選手:ダリア・ダヴィドワ(ロシア)、ヘーケ・ファンデンベルフ(オランダ)、マリアナ・シウバ(ブラジル)

【プールB】
第4シード:アンドレヤ・レスキ(スロベニア)
第5シード:マイリン・デルトロ=カルバハル(キューバ)
有力選手:マグダレナ・クルサコワ(オーストリア)、マリア・セントラッキオ(イタリア)、ルビアナ・ピオヴェサナ(イングランド)、キヨミ・ワタナベ(フィリピン)、ハン・ヒジュ(韓国)

【プールC】
第2シード:ティナ・トルステニャク(スロベニア)
第7シード:土井雅子(JR東日本)
有力選手:ボルド・ガンハイチ(モンゴル)、ナディア・バジンスキー(ドイツ)、ルーシー・レンシャル(イングランド)

【プールD】
第3シード:鍋倉那美(三井住友海上)
第6シード:ユール・フランセン(オランダ)
有力選手:カタリナ・ヘッカー(オーストラリア)、チョ・モッキ(韓国)、ハンナ・マーティン(アメリカ)、エドウィッジ・グウェン(イタリア)

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る