PAGE TOP ↑
eJudo

グランドスラム・パリ第1日男子3階級プレビュー(60kg級、66kg級、73kg級)

(2020年2月8日)

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。
グランドスラム・パリ第1日男子3階級プレビュー
(60kg級、66kg級、73kg級)
eJudo Photo
日本代表・永山竜樹が優勝候補の筆頭

文責:古田英毅/eJudo編集部


■60kg級 第1シードは永山竜樹、「強者への強さ」示すに十分な好組み合わせ

(エントリー44名)

「有力選手」と括られる選手の絶対数が多い60kg級らしく、今回もかなりの数の強豪がトーナメントに名を連ねた。第1シードは日本代表の永山竜樹(了徳寺大職)。ライバルとしては当初東京世界選手権2位のシャラフディン・ルトフィラエフ(ウズベキスタン)が最有力であったが、意外にもドローの段階で出場を取り止めた。国内のライバルであるディヨルベク・ウロズボエフ(ウズベキスタン)が今回突如66kg級に出場していることから考えると、代表争いには既に一応の決着がついており、ここで無理をして手の内を見せる必要なしと判断したのではないかと推理される。

ウズベキスタンに限らずこの階級はレベルの高い国がハッキリしており、国内にメダルクラスの強豪を2人以上抱えていることが多いのだが、今大会に同時派遣策を採ったのはカザフスタンと韓国の2カ国のみ。日本も含めたそれ以外の国ではある程度評価に差がついており、2週間後のグランドスラム・デュッセルドルフとの分散派遣に舵を切ったということだろう。今回の顔ぶれを見る限り、日本と同様デュッセルドルフ大会に1番手を送る国が多いのではないかと予想される。

優勝候補はもちろん永山。各国の代表争いが佳境を迎えるなかで誰がどこまで調子を上げてきているかという不確定要素はあるものの、ベースとなる地力で明らかに頭ひとつ抜け出している。組み合わせは初戦から東京世界選手権5位の好選手クバニチュベク・アイベク=ウール(キルギスタン)、以降もワリード・キア(フランス)、キム・ウォンジン(韓国)、グスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)と強豪と連戦せねばならない厳しい配置。しかし、これまでなぜか一線級との対戦がなかなか実現しなかった永山からすれば、むしろ願ってもないアピールのチャンスと捉えられる。許される成績は優勝のみ。少しでも良い内容で勝利して、2週間後のデュッセルドルフ大会に出場するであろう髙藤直寿(パーク24)にプレッシャーを与えたい。

優勝争い以外のトピックとしては、先月のグランプリ・テルアビブで決勝進出を果たしてついにブレイクを果たしたトルコの若手有望株、ミフラジ・アックスの戦いぶりに注目したい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る