PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】欧州シリーズいよいよ本番、五輪代表争いはクライマックス/グランドスラムパリ2020オーバービュー

(2020年2月7日)

※ eJudoメルマガ版2月7日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】欧州シリーズいよいよ本番、五輪代表争いはクライマックス
グランドスラムパリ2020オーバービュー
eJudo Photo
会場のエコーホテルズ・アリーナ。現時点で720名がエントリー、5面同時進行が組まれている。

文責:古田英毅

グランドスラム・パリ大会がいよいよあす8日から開幕する。読者の皆様ご存じの通り、旧「フランス国際」の流れを汲むこの大会はIJFワールドツアーきってのビッグイベント。ベルシー体育館(現在はアコーホテルズ・アリーナ・ベルシーと名前を変えている)が満員の観客で埋まり、自国の選手であるかどうかに関わらず良い攻防には大拍手、ときにはウェーブまで巻き起こるお祭り大会である。たとえ競技に進む者少なくとも、圧倒的な数の人間が幼少期に柔道を「齧った」経験のあるフランスならではの厚い観戦文化。日本とちょっと趣の違う盛り上がりを、ぜひテレビ(JSPORTS)やweb中継でお楽しみ頂きたい。

注目のドローは日本時間今晩22時から。いつもの通り、階級ごとの見どころはプレビュー記事としてあす未明から順次配信させて頂く予定だが、組み合わせ抽選前のこの段階で一度この大会の位置づけや全体的なみどころをざっとまとめておこうと思う。

クラリス・アグベニューら現役世界王者3名が揃って参加するフランス女子チームに、2013年以来の地元パリ大会お目見えとなる絶対王者テディ・リネールの今季初戦、世界選手権2連覇中の48kg級ダリア・ビロディド(ウクライナ)のエントリーなど極めてみどころ多き大会であるが、まずは皆さんのもっとも気になるであろう部分。東京五輪日本代表争いについて整理しておきたい。

ご存じの通り、この欧州シリーズのグランドスラム2大会は東京五輪代表選考会を兼ねる。21日からのグランドスラム・デュッセルドルフが終了した時点で、強化委員の3分の2の賛成が得られた選手はその時点で五輪代表に内定となる。「賛成」の内容は「1、2番手の座が歴然としている」という文言で括られているが、漏れ聞こえる「(選手の調整期間の確保のため)少しでも早く代表を決めたい」という強化サイドの意向を考えればこのシリーズでほとんどの階級で決着がつく可能性が高いとみておいてよいだろう。

このパリ大会には2番手グループが派遣されており、そして、まだ正式リリース前ではあるが、さ来週のデュッセルドルフには1番手が送り込まれることがほぼ確実。つまり、1番手がデュッセルドルフで優勝すればそのまま代表内定、1番手がデュッセルドルフで不首尾に終わった場合のみパリにおける2番手の成績を勘案の上で選抜体重別への選考延長を検討する、という態勢と読んでおいて間違いないだろう。

パリの派遣布陣は下記。わかりやすく、(※D:)にデュッセルドルフ派遣が予想される選手を付記した。

男子
60kg級 永山竜樹 (※D:髙藤直寿)
66kg級 相田勇司 (※D:丸山城志郎、阿部一二三)
73kg級 橋本壮市、海老沼匡 (※D:大野将平)
81kg級 藤原崇太郎 (※D:永瀬貴規)
90kg級 長澤憲大、村尾三四郎 (※D:向翔一郎)
100kg級 羽賀龍之介、飯田健太郎 (※D:ウルフアロン)
100kg超級 影浦心 (※D:原沢久喜)

女子
48kg級 古賀若菜 (※D:渡名喜風南)
52kg級 志々目愛 (※D:阿部詩)
57kg級 玉置桃 (※D:芳田司)
63kg級 鍋倉那美、土井雅子 (※D:田代未来)
70kg級 大野陽子、新添左季 (※D:新井千鶴)
78kg級 梅木真美 (※D:濵田尚里)
78kg超級 冨田若春 (※D:朝比奈沙羅) ※既に素根輝が五輪代表内定

「歴然とした差」とは現実的には、欧州シリーズ終了時点で「たとえ選抜体重別で2番手選手が1番手選手に勝ったとしても、もはや逆転はない」ということを指す(もし逆転がないのであればこれ以上引っ張る意味がない)。強化が本当に「競っている」という認識であれば1番手と2番手の同時派遣を組むはずで、その意味では、実は66kg級以外の男子はすべての階級でほぼ事実上の決着がついていると考えていい。実力が拮抗している60kg級といまだ誰もが突き抜けられない90kg級は僅かながらシナリオの揺れが考えられるが、事ここに至れば「2番手がパリで凄まじいパフォーマンスで優勝」かつ「1番手がデュッセルドルフで信じがたいほどの不首尾」という事態のみが、選抜体重別に道を繋ぐ唯一の筋書きだろう。実力的に競っているどうかに関係なく、両大会代表の制度上の立ち位置の「差」はかように大きい。パリ代表は優勝せねばその場で事実上脱落、勝っても道が繋がるかどうかはあくまで「他力」という厳しい立場だ。

女子も、制度上はこの事情に変わりはない。ただし、昨秋以来第1候補が不調にあえぐ、かつ2番手候補が調子を上げているという2項がクロスする57kg級と63kg級は少々想定されるシナリオの幅が広いように感じられる。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る