PAGE TOP ↑
eJudo

角田夏実が48kgでツアー初V、52kg級は前田千島が制す/グランプリ・テルアビブ2020第1日女子

(2020年1月23日)

※ eJudoメルマガ版1月23日掲載記事より転載・編集しています。
角田夏実が48kgでツアー初V、52kg級は前田千島が制す
グランプリ・テルアビブ2020第1日女子(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
決勝を戦う角田夏実

2020年ワールドツアーの初戦、グランプリ・テルアビブ大会が23日、イスラエル・テルアビブで開幕。初日の女子は48kg級、52kg級、57kg級の競技が行われた。

日本勢は48kg級の角田夏実(了徳寺大職)、前田千島(三井住友海上)と2階級で優勝。

角田は全試合一本勝ち。初戦を相手のダイレクト反則負けでクリアすると、以降はシラ・リショニー(イスラエル)を腕挫十字固「一本」、フランチェスカ・ミラニ(イタリア)を巴投「一本」、準決勝はメラニー・クレモン(フランス)を引込返と縦四方固の合技「一本」と他をまったく寄せ付けず。決勝はダークホースのシリーヌ・ブクリ(フランス)の立ち際を内股で崩すと、伏せさせたまま腕をまたいで腕挫十字固「一本」。48kg級転向2戦目でみごとツアー初優勝を決めた。対戦相手にメダルクラスの強豪はいなかったが、しっかり力を見せた1日だった。

角田との対戦が有力視されたエヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)は準々決勝でミリカ・ニコリッチ(セルビア)に合技「一本」で苦杯。3位決定戦も落として最終成績は5位だった。

eJudo Photo
52kg級決勝、前田千島がジョン・ボキョンから崩袈裟固「一本」

前田も5試合して4つの一本勝ち、1つの「技有」優勢勝ちと素晴らしい内容。準々決勝はシャーリン・ファンスニック(ベルギー)からGS延長戦で袖釣込腰「技有」を得て勝利。準決勝はパク・ダソル(韓国)の右外巻込を左小外掛に切り返して「一本」、決勝はジョン・ボキョン(韓国)の背負投の掛け潰れを見逃さず寝技に繋ぎ、縦四方固「一本」で勝負を決めた。

57kg級はダークホースの19歳、カヤ・カチェラ(スロベニア)がツアー初優勝。初戦を「指導3」で勝ち抜くと、続いてサブリナ・フィルツモザー(ハンガリー)をGS延長戦の釣腰「技有」、ベラ・ゼマノワ(チェコ)に抱き着かせておいての大内刈「一本」と大技を連発。準決勝はテルマ・モンテイロ(ポルトガル)が得意とする大内刈から払釣込足の連携を捌くなりの左足車「技有」、決勝は返し技を狙うエレーヌ・ルスヴォ(フランス)を大内刈で投げ切り「一本」で優勝を決めた。

各階級の入賞者と決勝ラウンドの結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級メダリスト。左から2位のシリーヌ・ブクリ、優勝の角田夏実、3位のツグジェ・ベデル、メラニー・クレモン。

(エントリー30名)

【入賞者】
1. TSUNODA, Natsumi (JPN)
2. BOUKLI, Shirine (FRA)
3. BEDER, Tugce (TUR)
3. CLEMENT, Melanie (FRA)
5. CSERNOVICZKI, Eva (HUN)
5. NIKOLIC, Milica (SRB)
7. MILANI, Francesca (ITA)
7. STANGAR, Marusa (SLO)

【3位決定戦】
ツグジェ・ベデル(トルコ)〇GS技有・隅落(GS1:23)△ミリカ・ニコリッチ(セルビア)
メラニー・クレモン(フランス)〇小外掛(1:42)△エヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)

【決勝】
角田夏実〇腕挫十字固(3:22)△シリーヌ・ブクリ(フランス)

【日本代表選手勝ち上がり】

角田夏実(了徳寺大職)
成績:優勝


[1回戦]
角田夏実〇反則[DH](1:28)△アクマラル・ナウアトベク(カザフスタン)
 ※腕挫腋固の形で体を捨てた行為によるダイレクト反則負け
[2回戦]
角田夏実〇腕挫十字固(3:19)△シラ・リショニー(イスラエル)
[準々決勝]
角田夏実〇巴投(1:52)△フランチェスカ・ミラニ(イタリア)
[準決勝]
角田夏実〇合技[引込返・縦四方固](3:43)△メラニー・クレモン(フランス)
【決勝】
角田夏実〇腕挫十字固(3:22)△シリーヌ・ブクリ(フランス)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級メダリスト。左から2位のジョン・ボキョン、優勝の前田千島、3位のパク・ダソルとシャーリン・ファンスニック。

(エントリー36名)

【入賞者】
1. MAEDA, Chishima (JPN)
2. JEONG, Bokyeong (KOR)
3. PARK, Da Sol (KOR)
3. VAN SNICK, Charline (BEL)
5. PIENKOWSKA, Karolina (POL)
5. POLIKARPOVA, Anastasia (RUS)
7. CHITU, Andreea (ROU)
7. PRIMO, Gefen (ISR)

【3位決定戦】
パク・ダソル(韓国)〇GS反則[指導3](GS1:56)△アナスタシア・ポリカルボワ(ロシア)
シャーリン・ファンスニック(ベルギー)〇崩上四方固(3:00)△カロリナ・ピンコフスカ(ポーランド)

【決勝】
前田千島〇崩袈裟固(2:39)(2:39)△ジョン・ボキョン(韓国)

【日本代表選手勝ち上がり】

前田千島(三井住友海上)
成績:優勝


[1回戦]
前田千島〇送襟絞(1:30)△サビアナ・アネストル(ハイチ)
[2回戦]
前田千島〇反則[指導3](3:27)△アストリーデ・ネト(フランス)(フランス)
[準々決勝]
前田千島〇GS技有・袖釣込腰(GS1:35)△シャーリン・ファンスニック(ベルギー)
[準決勝]
前田千島〇小外掛(3:26)△パク・ダソル(韓国)
[決勝]
前田千島〇崩袈裟固(2:39)△ジョン・ボキョン(韓国)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左から2位のエレーヌ・ルスヴォ、優勝のカヤ・カチェラ、3位のノラ・ジャコヴァとヘドウィグ・カラカス。

eJudo Photo
決勝、勝負を決めたカチェラの大内刈「一本」。

(エントリー35名)

【入賞者】
1. KAJZER, Kaja (SLO)
2. RECEVEAUX, Helene (FRA)
3. GJAKOVA, Nora (KOS)
3. KARAKAS, Hedvig (HUN)
5. BOROWSKA, Anna (POL)
5. MONTEIRO, Telma (POR)
7. FLORIAN, Alexandra-Larisa (AZE)
7. ZEMANOVA, Vera (CZE)

【3位決定戦】
ノラ・ジャコヴァ(コソボ)〇優勢[技有・払腰]△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)〇優勢[技有・体落](2:38)△アンナ・ボロフスカ(ポーランド)

【決勝】
カヤ・カチェラ(スロベニア)〇GS技有・大内刈(GS2:25)△エレーヌ・ルスヴォ(フランス)

※ eJudoメルマガ版1月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る