PAGE TOP ↑
eJudo

【ROAD TO 高校選手権】無差別代表は海堀陽弥、躍進東海大高輪台は73kg級石間勇斗ら2階級を制す・第42回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子個人

(2020年1月19日)

※ eJudoメルマガ版1月19日掲載記事より転載・編集しています。
無差別代表は海堀陽弥、躍進東海大高輪台は73kg級石間勇斗ら2階級を制す
第42回全国高等学校柔道選手権大会東京都予選男子個人戦
eJudo Photo
男子5階級の優勝者

第42回全国高等学校柔道選手権大会(3月21日~22日・ALSOKぐんまアリーナ)の東京都予選が19日、講道館大道場で開幕。初日は男女個人戦が行われた。

男子無差別は海堀陽弥(日体大荏原高)が優勝。準決勝で磯田海成、決勝で岡田陸と団体戦の優勝候補筆頭に挙がる国士舘高のポイントゲッター2人を立て続けに破って優勝を決めた。

73kg級は、石間勇斗(東海大高輪台高)が優勝。決勝では今年の全日本カデ王者でインターハイ3位入賞の小田桐美生と対戦。GS延長戦で一時は浮落「技有」を奪われて万事休したかに思われたが、これが取り消されると直後に左体落を決めて「技有」奪取。みごと優勝を決めた。東海大高輪台は石間のほか、66kg級でも中村徳将が優勝して5階級中2階級で代表権を得る大活躍。

激戦区の第2支部予選で4階級を制した国士舘は、60kg級の中村太樹、81kg級の齋城龍世が優勝して意地を見せた。

全5階級の優勝者のうち、支部予選の1位通過選手はこの2名のみ。今年度の混戦ぶりが端的に示される結果となった。

各階級の上位入賞者と準決勝以降の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級決勝、「技有」ビハインドの中村太樹が合技で逆転の一本勝ち。試合を決めた小内刈「技有」。

(エントリー48名)

【成績上位者】
優 勝:中村太樹(国士舘高)
準優勝:宮部真臣(足立学園高)
第三位:高田顕矢(足立学園高)、佐藤尚貴(安田学園高)

【準決勝】
宮部真臣〇肩車(2:42)△佐藤尚貴
中村太樹〇GS技有(GS0:28)△高田顕矢

【決勝】
中村太樹〇合技[背負投・小内刈](1:37)△宮部真臣

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級決勝、中村徳将が工藤泰輝から背負投でまず「技有」

(エントリー48名)

【成績上位者】
優 勝:中村徳将(東海大高輪台高)
準優勝:工藤泰輝(修徳高)
第三位:鈴鹿功織(足立学園高)、津嘉山稔(国士舘高)

【準決勝】
中村徳将〇背負投(1:08)△津嘉山稔
工藤泰輝〇小外掛(2:06)△鈴鹿功織

【決勝】
中村徳将〇合技[背負投・大内刈](1:35)△工藤泰輝

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級決勝、石間勇斗が小田桐美生から左体落「技有」

(エントリー48名)

【成績上位者】
優 勝:石間勇斗(東海大高輪台高)
準優勝:小田桐美生(国士舘高)
第三位:新村隼也(修徳高)、森有晟(日体大荏原高)

【準決勝】
小田桐美生〇GS技有(GS1:07)△森有晟
石間勇斗〇背負投(1:26)△新村隼

【決勝】
石間勇斗〇GS技有・体落(GS1:14)△小田桐美生

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級決勝、齋城龍世の豪快な横車「一本」

(エントリー44名)

【成績上位者】
優 勝:齋城龍世(国士舘高)
準優勝:須山健介(国士舘高)
第三位:木下颯王(日体大荏原高)、伊藤光星(工学院大附高)

【準決勝】
齋城龍世〇裏投△伊藤光星
須山健介〇GS僅差(GS2:48)△木下颯王

【決勝】
齋城龍世〇横車(1:47)△須山健介

■ 無差別
eJudo Photo
男子無差別決勝、海堀陽弥が岡田陸から大内刈「技有」

(エントリー48名)

【成績上位者】
優 勝:海堀陽弥(日体大荏原高)
準優勝:岡田陸(国士舘高)
第三位:田中佑弥(修徳高)、磯田海成(国士舘高)

【準決勝】
海堀陽弥〇GS僅差(GS1:29)△磯田海成
岡田陸〇GS僅差(GS3:00)△田中佑弥

【決勝】
海堀陽弥〇合技[大内刈・崩袈裟固](3:32)△岡田陸

※ eJudoメルマガ版1月19日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る