PAGE TOP ↑
eJudo

【ROAD TO 高校選手権】[速報]国士舘高が優勝、この日ブレイクの岡部陽人が全勝でチーム押し上げる・第36回若潮杯争奪武道大会男子

(2019年12月27日)

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]国士舘高が優勝、この日ブレイクの岡部陽人が全勝でチーム押し上げる
第36回若潮杯争奪武道大会男子
eJudo Photo
決勝、国士舘高の次鋒岡部陽人が東海大相模高・金子竜士から内股「一本」

新シーズンの高校柔道界の様相を占う「冬の招待試合シリーズ」を締める第36回若潮杯争奪武道大会(主催・公益財団法人日本武道館/学校法人国際武道大学)が27日、国際武道大学(勝浦市)で全国から選抜された男女それぞれ16チームが参加して行われ、男子は国士舘高(東京)が優勝した。同校の優勝は2年連続9度目。

大会は、今季の本命と目される東海大相模高(神奈川)のポイントゲッター近藤那生樹が第1試合で膝を負傷、担架で運ばれて棄権するという波乱の幕開け。それでもエース菅原光輝を中心にハイスコアゲームを続ける東海大相模と、今シリーズ初めてベストメンバーが揃った国士舘の2強が圧勝続きで決勝に勝ち上がることとなった。

国士舘は2年生の岡部陽人が絶好調。初戦から豪快な「一本」を連発してチームを勢いづけてきたが、この決勝もその勢いが止まらない。先鋒戦の引き分けを受けた次鋒戦で登場すると、金子竜士から僅か30秒豪快な右内股「一本」を決めて勝利。国士舘は以降2戦をしっかり引き分け、1点リードのまま迎えた大将戦ではエース格の磯田海成が菅原の右大外刈の放列をギリギリで耐え続けてしのぎ切り、引き分けをもぎ取る殊勲。スコア1-0で見事優勝を決めた。岡部はこの日6戦全勝、5一本勝ちという素晴らしい戦いぶりで、MVP級の活躍だった。

国士舘は新チーム結成以来初のタイトル。今季は黒潮旗(埼玉栄高)、松尾杯(東海大相模高)、水田杯(大成高)、そしてこの若潮杯(国士舘高)とシリーズのメジャー大会すべてで優勝校が割れることとなり、この世代の混戦ぶりが端的に示されることとなった。

入賞者と国士舘高・岩渕公一監督のコメント、予選リーグの結果および決勝トーナメントの対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の国士舘高

eJudo Photo
準優勝の東海大相模高

eJudo Photo
第3位の東海大甲府高

eJudo Photo
第3位の田村高

【入賞者】
優 勝:国士舘高(東京)
準優勝:東海大相模高(神奈川)
第三位:田村高(福島)、東海大甲府高(山梨)

岩渕公一監督のコメント
「今年は混戦。その中で1回勝っておくのとそうでないのは全然違う。ここまでもなんとか勝たせてあげたかったが、入来院が胃腸炎で出られなかったり、磯田も怪我で稽古を詰め切れず、なかなか良い状態で試合が出来なかった。今日の勝利は自信になると思います。(-岡部選手が素晴らしい出来でしたね?)いつもこのくらいはやる、力のある選手です。ただここまで悪い形で負けが続いていたので、今日は気持ち的に戦い易いポジションで自信をつけさせようと思っていました。彼に限らず、ここから厳しさやしぶとさが出てくるといいですね。最初に言った通り今年は混戦で、どこも一杯一杯。うちも今日は準決勝から一杯一杯でした。どう転ぶかわからない。つまりどのチームにとっても、今年大事なのは、これから、です。その中で勝った経験を胸に稽古出来るのは大きい。収穫ありの大会であったと思います。」

【予選リーグAブロック結果】
①国士舘高(東京) 3勝0敗(14勝0敗1分け、一本勝ち13)
②東海大札幌高(北海道) 2勝1敗(8勝4敗3分け、一本勝ち6)
③開志国際高(新潟) 1勝2敗(4勝0敗2分け、一本勝ち3)
④近大福山高(広島) 0勝3敗(0勝13敗2分け、一本勝ち0)

【予選リーグBブロック結果】
①東海大甲府高(山梨) 3勝0敗(11勝1敗3分け、一本勝ち8)
②足立学園高(東京) 2勝1敗(6勝7敗2分け、一本勝ち5)
③東海大仰星高(大阪) 1勝2敗(7勝6敗2分け、一本勝ち7)
④東北高(宮城) 0勝3敗(2勝12敗1分け、一本勝ち2)

【予選リーグCブロック結果】
①田村高(福島) 3勝0敗(11勝2敗2分け、一本勝ち11)
②天理高(奈良) 2勝1敗(7勝2敗6分け、一本勝ち7)
③東海大浦安高(千葉) 1勝2敗(3勝6敗6分け、一本勝ち3)
④東海大翔洋高(静岡) 0勝3敗(0勝11敗4分け、一本勝ち0)

【予選リーグDブロック結果】
①東海大相模高(神奈川) 3勝0敗(11勝1敗3分け、一本勝ち9)
②神戸国際大附高(兵庫) 2勝1敗(7勝4敗4分け、一本勝ち3)
③東海大福岡高(福岡) 1勝2敗(3勝10敗2分け、一本勝ち2)
④白鴎大足利高(栃木) 0勝3敗(3勝9敗3分け、一本勝ち3)

【準々決勝】

国士舘高(東京) 4-0 足立学園高(東京)
(先)齋城龍世〇大外刈△鹿取新之助
(次)岡部陽人〇内股△秋元裕夢
(中)入来院大樹×引分×野尻大輔
(副)磯田海成〇合技△榊田夏陽
(大)岡田陸〇大内刈△北川拓実

田村高(福島) ②-2 神戸国際大附高(兵庫)
(先)伊藤大峰〇小外刈△南大志
(次)武田幹太△優勢[技有・背負投]〇中西雄星
(中)片山雄心〇反則△小林誠也
(副)和田陽寛×引分×竹内龍吾
(大)佐井川陽舜△大内刈〇田倉鉄平

東海大相模高(神奈川) 3-0 東海大札幌高(神奈川)
(先)天野開斗×引分×三ツ石岳大
(次)金子竜士×引分×中澤完太
(中)工藤海人〇谷落△石﨑皇丞
(副)菅原光輝〇大外刈△瀬部晟也
(大)尼田光志朗〇合技△川島渓太

東海大甲府高(山梨) 3-0 天理高(奈良)
(先)八田京磨×引分×平見陸
(次)冨田裕太〇合技△玉城雄士郎
(中)北尾大樹〇反則△上田翼
(副)山越大地×引分×瀬戸駿之介
(大)近森聖悟〇優勢[技有・背負投]△鈴木太陽

eJudo Photo
準決勝、国士舘高の副将磯田海成が田村高・佐井川陽舜から裏投「一本」

eJudo Photo
準決勝、東海大相模高の副将菅原光輝が東海大甲府高・冨田裕太から大外刈「一本」。菅原はここまで全試合一本勝ち。

【準決勝】

国士舘高(東京) 3-1 田村高(福島)
(先)齋城龍世△反則[指導3](3:59)〇伊藤大峰
(次)岡部陽人〇優勢[僅差]△武田幹太
(中)入来院大樹〇優勢[技有・内股巻込]△和田陽寛
(副)磯田海成〇裏投(2:42)△佐井川陽舜
(大)岡田陸×引分×片山雄心

東海大相模高(神奈川) 3-1 東海大甲府高(山梨)
(先)天野開斗×引分×八田京磨
(次)金子竜士〇内股(0:11)△山越大地
(中)工藤海人〇合技△(2:05)北尾大樹
(副)菅原光輝〇大外刈(1:02)△冨田裕太
(大)尼田光志朗△払釣込足(2:12)〇近森聖悟

【決勝】

国士舘高(東京) 1-0 東海大相模高(神奈川)
(先)小田桐美生×引分×天野開斗
(次)岡部陽人〇内股(0:30)△金子竜士
(中)入来院大樹×引分×尼田光志朗
(副)岡田陸×引分×工藤海人
(大)磯田海成×引分×菅原光輝

※公式記録を基に、確認出来た誤りを修正して作成しています
※記事、記録、写真の無断転用を禁じます

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る