PAGE TOP ↑
eJudo

【ROAD TO 高校選手権】[速報]国士舘高が優勝、この日ブレイクの岡部陽人が全勝でチーム押し上げる・第36回若潮杯争奪武道大会男子

(2019年12月27日)

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]国士舘高が優勝、この日ブレイクの岡部陽人が全勝でチーム押し上げる
第36回若潮杯争奪武道大会男子
eJudo Photo
決勝、国士舘高の次鋒岡部陽人が東海大相模高・金子竜士から内股「一本」

新シーズンの高校柔道界の様相を占う「冬の招待試合シリーズ」を締める第36回若潮杯争奪武道大会(主催・公益財団法人日本武道館/学校法人国際武道大学)が27日、国際武道大学(勝浦市)で全国から選抜された男女それぞれ16チームが参加して行われ、男子は国士舘高(東京)が優勝した。同校の優勝は2年連続9度目。

大会は、今季の本命と目される東海大相模高(神奈川)のポイントゲッター近藤那生樹が第1試合で膝を負傷、担架で運ばれて棄権するという波乱の幕開け。それでもエース菅原光輝を中心にハイスコアゲームを続ける東海大相模と、今シリーズ初めてベストメンバーが揃った国士舘の2強が圧勝続きで決勝に勝ち上がることとなった。

国士舘は2年生の岡部陽人が絶好調。初戦から豪快な「一本」を連発してチームを勢いづけてきたが、この決勝もその勢いが止まらない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る