PAGE TOP ↑
eJudo

【ROAD TO 高校選手権】[速報]東海大相模高が初優勝、終盤の苦戦をエース菅原光輝がことごとく収拾・第33回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会

(2019年12月22日)

※ eJudoメルマガ版12月22日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]東海大相模高が初優勝、終盤の苦戦をエース菅原光輝がことごとく収拾
第33回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会
eJudo Photo
決勝、東海大相模高の大将・菅原光輝が木更津総合高の阿久津斗吾から大外刈「一本」

新シーズンの高校柔道界を占う「冬の招待試合シリーズ」最重要試合の一と目される第33回松尾三郎杯争奪全国選抜高等学校柔道大会(主催・國學院大學体育連合会柔道部、後援・毎日新聞社/スポーツニッポン新聞社ほか)が22日、國學院大学たまプラーザキャンパス体育館アリーナ(横浜市)で全国から選抜された61校が参加して行われ、東海大相模高(神奈川)が初優勝を果たした。

今代の本命と目される東海大相模は、8日の黒潮旗大会を腰痛のため欠場した全日本カデ90kg超級王者菅原光輝が大車輪の働き。準決勝の埼玉栄高(埼玉)戦は大将戦で主戦の工藤海人が一本負けを喫して追いつかれる嫌な流れだったが、代表戦に登場した菅原が松崎渡を谷落「一本」で下して勝ち抜け。木更津総合高(千葉)を畳に迎えた決勝も1-2のビハインドで迎えた大将戦に菅原が登場、阿久津斗吾から大外刈「技有」に大外刈「一本」と連取して見事勝ち越し。2-2の内容差で優勝を決めた。

水落健太監督は試合が終わるなり「内容が悪すぎる。」と選手を一喝。「菅原がいないかもしれない、菅原に頼らずに試合をしようという目標がまったく果たせていない。」と猛烈な檄を飛ばしていたが、それでもようやく1つ残した結果に安堵の表情。「隙のないチームを目指して、まだまだ頑張ります」と、本命として臨む今シーズンの戦いに決意を新たにしていた。

3位には埼玉栄のほか、この日の台風の目・加藤学園高(静岡)が入賞。第1シードの国士舘高(東京)は準々決勝で木更津総合に3-1で敗れた。

入賞者と3回戦の結果、準々決勝以降の対戦詳細は下記。マッチレポートは後日配信の予定。

eJudo Photo
優勝の東海大相模高

eJudo Photo
準優勝の木更津総合高

eJudo Photo
3位の埼玉栄高

eJudo Photo
3位の加藤学園高

【入賞者】
(エントリー61校)
優 勝:東海大相模高(神奈川)
準優勝:木更津総合高(千葉)
第三位:加藤学園高(静岡)、埼玉栄高(埼玉)
優秀選手賞:菅原光輝、近藤那生樹(東海大相模)、甲木碧(木更津総合)、加古裕慈(加藤学園)、野村陽光(埼玉栄)

【3回戦】

国士舘高(東京) 3-1 福岡大大濠高(福岡)
木更津総合高(千葉) 3-0 東海大札幌高(北海道)
桐蔭学園高(神奈川) 2-1 津幡高(石川)
加藤学園高(静岡) 2-1 作陽高(岡山)

東海大相模高(神奈川) 4-1 長崎南山高(長崎)
常磐高(群馬) 3-1 習志野高(千葉)
崇徳高(広島) 3-0 中京学院大中京高(岐阜)
埼玉栄高(埼玉) 2-0 東海大仰星高(大阪)

【準々決勝】

木更津総合高 3-1 国士舘高
(先)清水雄護〇合技[背負投・払巻込](1:15)△岡部陽人
(次)阿久津斗吾△内股(1:29)〇磯田海成
(中)鈴木一颯〇優勢[技有・払腰]△齋城龍世
(副)甲木碧〇合技[浮落・袈裟固](3:40)△小田桐美生
(大)阿久津友春×引分×岡田陸

加藤学園高 ①-1 桐蔭学園高
(先)宇佐美一誠×引分×持田龍己
(次)山本裕人×引分×平野蒼空
(中)加古裕慈△優勢[技有・体落]〇中野智博
(副)渡邉爽偉〇反則[指導3](1:24)△佐藤琉絢
(大)小田春樹×引分×渡辺賢

東海大相模高 4-0 常磐高
(先)近藤那生樹〇内股(1:19)△関塚蒼介
(次)金子竜士×引分×藤岡歩武
(中)尼田光志朗〇上四方固△野口網太
(副)工藤海人〇合技△小島アントニー
(大)菅原光輝〇大外刈△雨笠一郎

埼玉栄高 2-1 崇徳高
(先)松崎渡〇優勢[僅差]△小澤陸斗
(次)長濱佑飛△大内刈(2:18)〇徳持英隼
(中)岩崎雄大〇小外掛(0:43)△飯田恒星
(副)中井貴道×引分×高原大智
(大)野村陽光×引分×萩俊祐

【準決勝】

木更津総合高 2-1 加藤学園高
(先)清水雄護×引分×宇佐美一誠
(次)鈴木一颯×引分×渡邉爽偉
(中)阿久津斗吾△大外刈(2:29)〇加古裕慈
(副)甲木碧〇合技[隅落・袈裟固](1:08)△山本裕人
(大)阿久津友春〇横四方固(3:55)△小田春樹

東海大相模高 ①-1 埼玉栄高
(先)近藤那生樹×引分×松崎渡
(次)金子竜士×引分×長濱佑飛
(中)尼田光志朗×引分×岩崎雄大
(副)菅原光輝〇合技[谷落・横四方固](2:39)△中井貴道
(大)工藤海人△内股(0:05)〇野村陽光
(代)菅原光輝〇谷落(2:20)△松崎渡

【決勝】

東海大相模高 ②-2 木更津総合高
(先)近藤那生樹〇優勢[指導2]△清水雄護
(次)金子竜士×引分×鈴木一颯
(中)工藤海人△優勢[技有・隅落]〇甲木碧
(副)尼田光志朗△優勢[技有・出足払]〇阿久津友春
(大)菅原光輝〇大外刈(3:17)△阿久津斗吾

※公式記録を基に、編集部にて確認したデータを付加して作成しています。
※記事、記録、写真の無断転載および転用を禁じます。

※ eJudoメルマガ版12月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る