PAGE TOP ↑
eJudo

埼玉栄中がV、高校カテゴリとの兄弟優勝果たす・第43回黒潮旗武道大会中学男子団体

(2019年12月8日)

※ eJudoメルマガ版12月8日掲載記事より転載・編集しています。
埼玉栄中がV、高校カテゴリとの兄弟優勝果たす・第43回黒潮旗武道大会中学男子団体
eJudo Photo
決勝、埼玉栄中の先鋒磯野隆太郎が背負投「一本」

第43回黒潮旗武道大会(主催:学校法人東海大学)柔道の部が8日、東海大学付属静岡翔洋高体育館(静岡市清水区)で行われ、18チームが参加した中学男子団体は埼玉栄中(埼玉)が優勝した。

全国中学校大会を2連覇、9月はマルちゃん杯全日本少年柔道大会を制して前代中学2冠を達成した埼玉栄中はこの日第1シード配置。準決勝は足利第一中(栃木)を4-1、決勝は東海大相模高中等部(神奈川)を2-1で破った。

この日、高校男子団体は埼玉栄高が制し、埼玉栄はうれしい2カテゴリ同時優勝を達成した。同校からは磯野隆太郎と岩村瑛太が優秀選手賞に選出。最優秀選手賞には3位の足利第一中から飯島貫太郎が選ばれた。

入賞者と準決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の埼玉栄中

eJudo Photo
左から優秀選手賞の磯野隆太郎、岩村瑛太、木原慧登、杉山彪馬、最優秀選手賞の飯島貫太郎

eJudo Photo
決勝、東海大相模高中等部の副将木原慧登が開始早々の小外掛「一本」。

【入賞者】
(エントリー18チーム)
優 勝:埼玉栄中(埼玉)
準優勝:東海大相模高中等部(神奈川)
第三位:足利第一中(栃木)、東海大翔洋高中等部(静岡)

最優秀選手賞:飯島貫太郎(足利第一中)
優秀選手賞:磯野隆太郎(埼玉栄中)、岩村瑛太(埼玉栄中)、木原慧登(東海大相模高中等部)、杉山彪馬(東海大翔洋高中等部)

【準決勝】

埼玉栄中 4-1 足利第一中
(先)磯野隆太郎〇背負投△琴沼玖潤
(次)堀口太雅△反則〇飯島貫太郎
(中)野澤孔〇背負投△横山心
(副)饒平名和貴〇一本背負投△黒田祐斗
(大)峰優月〇背負投△石塚航太

東海大相模高中等部 3-0 東海大翔洋高中等部
(先)松浦泰然×引分×森本総司
(次)中見岳〇一本※公式記録なし△前田優生翔
(中)野瀬貴隆〇一本※公式記録なし△城本憲生
(副)木原慧登〇横四方固△西村蓮
(大)手塚春太朗×引分×杉山彪馬

埼玉栄中 2-1 東海大相模高中等部
(先)磯野隆太郎〇背負投(1:07)△松浦泰然
(次)野澤孔×引分×中見岳
(中)岩村瑛太〇優勢[技有・一本背負投]△野瀬貴隆
(副)饒平名和貴△小外掛(0:11)〇木原慧登
(大)峰優月×引分×手塚春太朗

取材・撮影:eJudo編集部
※記事、記録、写真の無断転載を禁じます

※ eJudoメルマガ版12月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る