PAGE TOP ↑
eJudo

イリアス・イリアディス氏がウズベキスタン監督に就任

(2019年12月4日)

※ eJudoメルマガ版12月4日掲載記事より転載・編集しています。
イリアス・イリアディス氏がウズベキスタン監督に就任
eJudo Photo
Photo: IJF Media Team / International Judo Federation / Judoinside

2004年アテネ五輪81kg級金メダリストで、90kg級で3度世界選手権の王座に就いた「柔道小僧」イリアス・イリアディス氏がウズベキスタンのヘッドコーチに就任していたことがわかった。グランドスラム大阪(11月22日~24日)の予選ラウンドでコーチボックスに座る姿が目撃され、関係者の間で話題となっていた。Judoinsideも、今大会のウズベキスタンの躍進の因として挙げる形で、氏の就任を報じている。

関係者への取材によると、ウズベキスタンは東京世界選手権後にコーチングスタッフを一新。イリアディス氏のほか、同大会までモンゴルでコーチを務めていた鳥居智男氏もスタッフ入りしたとの情報。Judoinsideが報じた通りグランドスラム大阪におけるウズベキスタン勢の躍進は水際立ったものがあり、イリアディス氏のモチベーターぶりに鳥居氏の緻密な柔道理論と、体制が嵌ればいま一段のレベルアップが見込まれるのではと思われる。

※ eJudoメルマガ版12月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る