PAGE TOP ↑
eJudo

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第89回

(2019年11月25日)

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第89回
日本にある教えというものは、長い間の伝統であるからほとんど皆よいと認めてよかろうが、なぜそういうふうに教えられたかよく理解しておらぬと飛んでもない間違いを生ずることがある。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「柔道の根本精神」『大日本柔道史』 昭和14年5月 (『嘉納治五郎大系』1巻133頁)

「伝統」という言葉に皆さんはどういうイメージを持っていますか?
良いこと悪いこと、いろいろなことが浮かぶでしょう。

さて、今回の「ひとこと」では、師範の「伝統」に対する姿勢がうかがえます。
「伝統」の便利さの一つはその存在理由を「伝統だから」で終わらせることが出来ることです。皆さんも道場や職場、場合によっては家庭で「これってどうなの?」と思っていても「伝統だから」の一言で一蹴されたことはないでしょうか。
考える手間を省ける利便性、あるいは、過去成果をあげたという実績がある「伝統」には、一定以上の説得力があります。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る