PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]100kg級は羽賀龍之介が復活V、好試合続出の90kg級は向翔一郎の3位が日本勢最高成績・グランドスラム大阪2019最終日男子

(2019年11月24日)

※ eJudoメルマガ版11月24日掲載記事より転載・編集しています。
100kg級は羽賀龍之介が復活V、好試合続出の90kg級は向翔一郎の3位が日本勢最高成績
グランドスラム大阪2019最終日男子(100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg級決勝、羽賀龍之介がエルマー・ガシモフから内股「技有」

→第3日男子プレビュー →男子全試合結果

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)で行われているグランドスラム大阪2019は23日、大会最終日の女子2階級、男女3階級の競技が行われた。

男子100kg級はリオデジャネイロ五輪銅メダリストの羽賀龍之介(旭化成)が復活のV。得意の内股が冴え渡り、山場と目された準々決勝では今季の欧州王者アルマン・アダミアン(ロシア)から内股「一本」、決勝はリオ五輪銀メダルのエルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)から内股「技有」と6戦して5度この技を決め、2017年7月のグランプリ・フフホト以来のワールドツアータイトルを手にした。

3年連続で世界選手権代表を務めている国内の第一人者ウルフアロン(了徳寺大職)は3位。準決勝でガシモフに浮技「一本」で敗れたが、3位決定戦でアダミアンを隅落と内股の合技「一本」で破ってメダルを確保した。飯田健太郎(国士舘大3年)も3位に入賞したが、ターゲットであるウルフに準々決勝で敗れており、五輪代表レースでは差を広げられた形となった。

eJudo Photo
ともに「技有」を奪い合った90kg級決勝、ヴェカ・グヴィニアシビがダヴラト・ボボノフから釣腰「一本」

好選手揃った90kg級は今季のワールドツアー全体を通しても屈指の面白さ。優勝は世界選手権ではまさかの3回戦敗退に終わったヴェカ・グヴィニアシビリ(ジョージア)。決勝では、この日現役世界王者ノエル・ファンテンド(オランダ)に村尾三四郎(東海大1年)、さらにもと世界王者ガク・ドンハン(韓国)を下して勝ち上がったダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)との激しい投げ合いを、GS延長戦釣腰「一本」で制した。

東京世界選手権銀メダリストの向翔一郎(ALSOK)は準々決勝でガク・ドンハンに一本負け。しかし敗者復活戦で村尾を「指導3」、3位決定戦は長澤憲大(パーク24)の不戦負けと日本選手との対戦を立て続けに制して表彰台に辿り着いた。出場日本選手4人の中で唯一メダルを確保した形となり、国内の序列一番手の座に傷はつかなかった。ベイカー茉秋(日本中央競馬会)は3回戦でグヴィニアシビリにGS延長戦小外刈「一本」で敗れた。

eJudo Photo
100kg級決勝、イナル・タソエフが太田彪雅から「技有」

100kg超級はロシアの新一番手候補イナル・タソエフが圧倒的な出来で優勝。準々決勝で影浦心(日本中央競馬会)を内股と釣込腰の合技「一本」、準決勝で香川大吾(ALSOK)を小外掛と袈裟固の合技「一本」、決勝は太田彪雅(東海大4年)を大外巻込「技有」と日本の有望選手を立て続けに投げ、3度目のワールドツアータイトルを獲得した。日本勢の最終成績は太田が2位、影浦が3位、3位決定戦で敗れた熊代佑輔(ALSOK)と香川大吾(ALSOK)が5位だった。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

取材:eJudo編集部
撮影:乾晋也、辺見真也

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級メダリスト。左から2位のダヴラト・ボボノフ、優勝のベカ・グヴィニアシヴィリ、3位の向翔一郎とガク・ドンハン。

eJudo Photo
準々決勝、ガク・ドンハンがイ・ウォンヒばりの逆体落で向翔一郎から「一本」

(エントリー42名)

【入賞者】
1.GVINIASHVILI, Beka (GEO)
2.BOBONOV, Davlat (UZB)
3.MUKAI, Shoichiro (JPN)
3.GWAK, Donghan (KOR)
5.NAGASAWA, Kenta (JPN)
5.MEHDIYEV, Mammadali (AZE)
7.MURAO, Sanshiro (JPN)
7.KUKOLJ, Aleksandar (SRB)

【準々決勝】
ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)○釣込腰(3:08)△村尾三四郎
ガク・ドンハン(韓国)○体落(3:47)△向翔一郎
長澤憲大○内股(1:57)△アレクサンダー・クコル(セルビア)
ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)○優勢[技有・小外掛]△ママダリ・メディエフ(アゼルバイジャン)

【敗者復活戦】
向翔一郎○反則[指導3](3:47)△村尾三四郎
ママダリ・メディエフ(アゼルバイジャン)○GS技有・隅落(GS1:04)△アレクサンダー・クコル(セルビア)

【準決勝】
ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)○合技[背負投・隅落](2:43)△ガク・ドンハン(韓国)
ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)○合技[隅返・浮落](1:38)△長澤憲大

【3位決定戦】
向翔一郎○不戦△長澤憲大
ガク・ドンハン(韓国)○GS技有・背負投(GS0:40)△ママダリ・メディエフ(アゼルバイジャン)

【決勝】
ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)○GS釣腰(GS0:39)△ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)

【日本代表選手勝ち上がり】

向翔一郎(ALSOK)
成績:3位


[2回戦]
向翔一郎○袖釣込腰(1:18)△ガンツルガ・アルタンバガナ(モンゴル)

[3回戦]
向翔一郎○小内刈(1:07)△ロマン・ドンツォフ(ロシア)

[準々決勝]
向翔一郎△体落(3:47)○ガク・ドンハン(韓国)

[敗者復活戦]
向翔一郎○反則[指導3](3:47)△村尾三四郎

[3位決定戦]
向翔一郎○不戦△長澤憲大

村尾三四郎(東海大1年)
成績:7位


[1回戦]
村尾三四郎○小外掛(2:28)△アヴタンディル・チリキシヴィリ(ジョージア)

[2回戦]
村尾三四郎○優勢[技有・小外刈]△ラファエル・マセド(ブラジル)

[3回戦]
村尾三四郎○GS技有・裏投(GS0:43)△ピオトル・クチェラ(ポーランド)

[準々決勝]
村尾三四郎△釣込腰(3:08)○ダヴラト・ボボノフ(ウズベキスタン)

[敗者復活戦]
村尾三四郎△反則[指導3](3:47)○向翔一郎

ベイカー茉秋(日本中央競馬会)
成績:3回戦敗退


[1回戦]
ベイカー茉秋○大内刈(0:25)△イニキ・ウエラ(ナウル)

[2回戦]
ベイカー茉秋○払腰(2:59)△ヨハネス・パッヒャー(オーストリア)

[3回戦]
ベイカー茉秋△GS小外刈(GS0:22)○ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)

長澤憲大(パーク24)
成績:5位


[2回戦]
長澤憲大○反則[指導3](3:19)△ザッカリー・バート(カナダ)

[3回戦]
長澤憲大○内股(1:03)△イワン=フェリペ・シルバ=モラレス(キューバ)

[準々決勝]
長澤憲大○内股(1:57)△アレクサンダー・クコル(セルビア)

[準決勝]
長澤憲大△合技[隅返・浮落](1:38)○ベカ・グヴィニアシヴィリ(ジョージア)

[3位決定戦]
長澤憲大△不戦○向翔一郎

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級メダリスト。左から2位のエルマー・ガシモフ、優勝の羽賀龍之介、3位の飯田健太郎とウルフアロン。

eJudo Photo
100kg級決勝、羽賀の「技有」(別角度)

eJudo Photo
100kg級準決勝、ガシモフがウルフから浮技「一本」

(エントリー38名)

【入賞者】
1.HAGA, Ryunosuke (JPN)
2.GASIMOV, Elmar (AZE)
3.IIDA, Kentaro (JPN)
3.WOLF, Aaron (JPN)
5.KHURRAMOV, Mukhammadkarim (UZB)
5.ADAMIAN, Arman (RUS)
7.MARGIEV, Merab (RUS)
7.NISHIYAMA, Daiki (JPN)

【準々決勝】
エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)○優勢[技有・小外刈]△メラブ・マルギエフ(ロシア)
ウルフアロン○優勢[技有・大内刈]△飯田健太郎
ムハマドカリム・フラモフ(ウズベキスタン)○背負投(2:18)△西山大希
羽賀龍之介○内股(2:04)△アルマン・アダミアン(ロシア)

【敗者復活戦】
飯田健太郎○合技[内股・上四方固](3:16)△メラブ・マルギエフ(ロシア)
アルマン・アダミアン(ロシア)○小外刈(1:34)△西山大希

【準決勝】
エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)○浮技(3:43)△ウルフアロン
羽賀龍之介○優勢[技有・内股]△ムハマドカリム・フラモフ(ウズベキスタン)

【3位決定戦】
飯田健太郎○内股(3:43)△ムハマドカリム・フラモフ(ウズベキスタン)
ウルフアロン○合技[隅落・内股](3:14)△アルマン・アダミアン(ロシア)

【決勝】
羽賀龍之介○優勢[技有・内股]△エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)

【日本代表選手勝ち上がり】

ウルフアロン(了徳寺大職)
成績:3位


[2回戦]
ウルフアロン○GS技有・大外刈(GS0:07)△カヨル・レイズ(カナダ)

[3回戦]
ウルフアロン○小外刈(1:11)△フセイン=シャー・シャー(パキスタン)

[準々決勝]
ウルフアロン○優勢[技有・大内刈]△飯田健太郎

[準決勝]
ウルフアロン△浮技(3:43)○エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)

[3位決定戦]
ウルフアロン○合技[隅落・内股](3:14)△アルマン・アダミアン(ロシア)

飯田健太郎(国士舘大3年)
成績:3位


[2回戦]
飯田健太郎○反則[指導3](2:05)△カロリス・バウザ(リトアニア)

[3回戦]
飯田健太郎○合技[隅落・縦四方固](1:46)△アイベク・セリクバエフ(カザフスタン)

[準々決勝]
飯田健太郎△優勢[技有・大内刈]○ウルフアロン

[敗者復活戦]
飯田健太郎○合技[内股・上四方固](3:16)△メラブ・マルギエフ(ロシア)

[3位決定戦]
飯田健太郎○内股(3:43)△ムハマドカリム・フラモフ(ウズベキスタン)

羽賀龍之介(旭化成)
成績:優勝


[1回戦]
羽賀龍之介○内股(1:52)△エリヘムバツ(中国)

[2回戦]
羽賀龍之介○反則[指導3](3:51)△ラグワスレン・オトゴンバータル(モンゴル)

[3回戦]
羽賀龍之介○合技[内股・袈裟固](3:34)△ダニエル・ディチェフ(ブルガリア)

[準々決勝]
羽賀龍之介○内股(2:04)△アルマン・アダミアン(ロシア)

[準決勝]
羽賀龍之介○優勢[技有・内股]△ムハマドカリム・フラモフ(ウズベキスタン)

[決勝]
羽賀龍之介○優勢[技有・内股]△エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)

西山大希(日本製鉄)
成績:7位


[1回戦]
西山大希○反則[指導3](2:15)△ボヤン・ドセン(セルビア)

[2回戦]
西山大希○反則[指導3](3:48)△トーマス・ブリセノ(チリ)

[3回戦]
西山大希○袖釣込腰(3:50)△シャディー・エルナハス(カナダ)

[準々決勝]
西山大希△背負投(2:18)○ムハマドカリム・フラモフ(ウズベキスタン)

[敗者復活戦]
西山大希△小外刈(1:34)○アルマン・アダミアン(ロシア)

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級メダリスト。左から2位の太田彪雅、優勝のイナル・タソエフ、3位の影浦心とアリシェル・ユスポフ。

(エントリー26名)

【入賞者】
1.TASOEV, Inal (RUS)
2.OTA, Hyoga (JPN)
3.KAGEURA, Kokoro (JPN)
3.YUSUPOV, Alisher (UZB)
5.KUMASHIRO, Yusuke (JPN)
5.KAGAWA, Daigo (JPN)
7.SILVA, Rafael (BRA)
7.KIM, Sungmin (KOR)

【準々決勝】
香川大吾○合技[隅落・崩袈裟固](1:56)△ラファエル・シウバ(ブラジル)
イナル・タソエフ(ロシア)○合技[内股・釣込腰](2:07)△影浦心
熊代佑輔○横四方固(2:07)△アリシェル・ユスポフ(ウズベキスタン)
太田彪雅○移腰(1:31)△キム・スンミン(韓国)

【敗者復活戦】
影浦心○背負投(2:46)△ラファエル・シウバ(ブラジル)
アリシェル・ユスポフ(ウズベキスタン)○合技[隅落・上四方固](2:08)△キム・スンミン(韓国)

【準決勝】
イナル・タソエフ(ロシア)○合技[小外掛・袈裟固](1:03)△香川大吾
太田彪雅○反則[指導3](3:13)△熊代佑輔

【3位決定戦】
影浦心○GS背負投(GS3:04)△熊代佑輔
アリシェル・ユスポフ(ウズベキスタン)○裏投(2:51)△香川大吾

【決勝】
イナル・タソエフ(ロシア)○優勢[技有・大外巻込]△太田彪雅

【日本代表選手勝ち上がり】

太田彪雅(東海大4年)
成績:2位


[1回戦]
太田彪雅○反則[指導3](3:11)△アンディー・グランダ(キューバ)

[2回戦]
太田彪雅○送襟絞(1:48)△ヤキフ・ハモー(ウクライナ)

[準々決勝]
太田彪雅○移腰(1:31)△キム・スンミン(韓国)

[準決勝]
太田彪雅○反則[指導3](3:13)△熊代佑輔

[決勝]
太田彪雅△優勢[技有・大外巻込]○イナル・タソエフ(ロシア)

影浦心(日本中央競馬会)
成績:3位


[2回戦]
影浦心○合技[裏投・大外刈](1:42)△ナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)

[準々決勝]
影浦心△合技[内股・釣込腰](2:07)○イナル・タソエフ(ロシア)

[敗者復活戦]
影浦心○背負投(2:46)△ラファエル・シウバ(ブラジル)

[3位決定戦]
影浦心○GS背負投(GS3:04)△熊代佑輔

熊代佑輔(ALSOK)
成績:5位


[1回戦]
熊代佑輔○優勢[技有・大外刈]△ベクボロト・トクトゴノフ(キルギスタン)

[2回戦]
熊代佑輔○GS反則[指導3](GS1:46)△ロイ・メイヤー(オランダ)

[準々決勝]
熊代佑輔○横四方固(2:07)△アリシェル・ユスポフ(ウズベキスタン)

[準決勝]
熊代佑輔△反則[指導3](3:13)○太田彪雅

[3位決定戦]
熊代佑輔△GS背負投(GS3:04)○影浦心

香川大吾(ALSOK)
成績:5位


[1回戦]
香川大吾○内股(3:03)△ダニエル・アレルストルフェル(オーストリア)

[2回戦]
香川大吾○反則[指導3](2:40)△キム・ミンジョン(韓国)

[準々決勝]
香川大吾○合技[隅落・崩袈裟固](1:56)△ラファエル・シウバ(ブラジル)

[準決勝]
香川大吾△合技[小外掛・袈裟固](1:03)○イナル・タソエフ(ロシア)

[3位決定戦]
香川大吾△裏投(2:51)○アリシェル・ユスポフ(ウズベキスタン)

※ eJudoメルマガ版11月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る