PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】素根輝が東京五輪代表内定に挑む・グランドスラム大阪2019最終日女子プレビュー

(2019年11月23日)

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】素根輝が東京五輪代表内定に挑む
グランドスラム大阪2019最終日女子プレビュー(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
2018年バクー世界選手権の覇者濵田尚里

■78kg級 濵田は寝勝負徹底モード貫けるか?注目はチュメオ戦

(エントリー26名)

濵田尚里(自衛隊体育学校)、マイラ・アギアール(ブラジル)、オドレイ・チュメオ(フランス)の2017年〜2018年シーズン三強が勢揃い。現役世界王者のマドレーヌ・マロンガ(フランス)こそ出ていないが、フッシェ・ステインハウス(オランダ)とマルヒンデ・フェルケルク(オランダ)のオランダ勢2名も加わり非常にハイレベルなトーナメントが組まれた。

国内の代表争いでは2年連続世界選手権ファイナリストの濵田が他を大きくリードしており、今大会でもし優勝すれば実質的に代表に内定するといってもよい状況。他選手との間には実績面で大きな差があり、梅木や泉が濵田のリザーバーからライバルに昇格するためには結果のみならず相当インパクトのある内容が必要だろう。

濵田は苦手としているオドレイ・チュメオ(フランス)とベスト8で対戦することになっており、ここが最大の山場。最近の濵田は徐々にだが強敵と認めた相手には寝勝負を徹底するようになってきているが、チュメオは濵田を投げるだけの力を持っていながら濵田が立技でも勝負できてしまう、いわば濵田のなかの対戦相手格付けのエアポケットに嵌る天敵。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る