PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】過酷なトーナメント組まれた70kg級、王者新井千鶴の出直しに注目・グランドスラム大阪2019第2日女子プレビュー

(2019年11月22日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】過酷なトーナメント組まれた70kg級、王者新井千鶴の出直しに注目
グランドスラム大阪2019第2日女子プレビュー(63kg級、70kg級)
eJudo Photo
優勝候補は田代未来

■63kg級 トルステニャク欠場、国際基準のトーナメント評価は「田代未来一強」

(エントリー30名)

当初エントリーしていた2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストのティナ・トルステニャク(スロベニア)が出場を取り止め、結果として田代未来(コマツ)の一強とでも呼ぶべきトーナメントとなった。世界選手権2年連続銅メダリストのユール・フランセン(オランダ)ら海外の強豪が多数参加しているが、田代に伍するような選手はおらず、仮に敗れるとしても苦手としている日本勢相手以外には考えられない。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る