PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】モラエイら強豪密集の81kg級に注目、絶好調永瀬貴規の一番手返り咲きなるか・グランドスラム大阪2019第2日男子プレビュー

(2019年11月22日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
モラエイら強豪密集の81kg級に注目、絶好調永瀬貴規の一番手返り咲きなるか
グランドスラム大阪2019第2日男子プレビュー(73kg級、81kg級)
eJudo Photo
優勝して五輪に臨みをつなぎたい橋本壮市

→グランドスラム大阪2019組み合わせ(IPPON.ORG)
文責:eJudo編集部

■73kg級 テーマ分散も厚みのあるトーナメント、橋本壮市の出来に注目

(エントリー48名)

東京世界選手権王者の大野将平(旭化成)が左手指の怪我のために出場を回避、これによって最大のトピックであった今大会での大野の五輪代表内定はなくなった。注目度が一段下がってしまったことは否めないが、日本勢だけでも橋本壮市(パーク24)、海老沼匡(パーク24)の世界王者経験者2名に、若手1番手の立川新(東海大4年)、講道館杯で豪快な投げ技を決めまくって今まさに売り出し中の原田健士(日本体育大3年)と魅力的な4名がエントリーしており、これだけでも見どころとしては十分すぎるほど。加えて海外勢も第1シードのラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ(ジョージア)、ガンバータル・オドバヤル(モンゴル)ら骨太の実力者が多数参加しており、8月の東京世界選手権でともに5位入賞を果たして大きな存在感を示したソモン・マフマドベコフとベフルジ・ホジャゾダのタジキスタン勢2名もトーナメントに名を連ねている。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る