PAGE TOP ↑
eJudo

【eJudo’s EYE】「阿部詩の作り方」なぞって自滅、五輪の重み感じさせた1日・グランドスラム大阪2019第1日評

(2019年11月22日)

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。
【eJudo’s EYE】「阿部詩の作り方」なぞって自滅、五輪の重み感じさせた1日
グランドスラム大阪2019第1日評
eJudo Photo
決勝、ブシャーが阿部詩の袖を絞る

文責:古田英毅

早出しeJudo’s EYE。簡単にこの日の評を出させて頂く。五輪代表内定に挑んだ大本命、52kg級の阿部詩と66kg級の丸山城志郎が揃って陥落。五輪の重み、そして「片方だけに五輪代表のプレッシャーが掛かる」状況の過酷さをあらためて思い知らされた1日だった。

■「阿部詩のマニュアル」なぞって自縄自縛、らしさ発揮できなかった阿部

まず阿部詩。まったく彼女らしくない試合だった。決勝は両袖組み手から手先をまとめた右内股をアモンディーヌ・ブシャー(フランス)に凌がれ続け、最後はブシャー唯一の武器、「それしかない」技である肩車を食って「技有」失陥。これまで1度も海外勢に負けたことのない阿部が衝撃的な敗退、この日の優勝に掛かっていた東京五輪代表はひとまずお預けとなった。

決勝は集中力を欠き、らしくない試合だった。事象と原因推測をまぜこぜにして書いていく形となるが、阿部の良さが消え失せていたその証左として2点挙げたい。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月22日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る