PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】東京五輪出場へ総仕上げ、優勝に代表内定掛かる阿部詩・グランドスラム大阪2019第1日女子プレビュー

(2019年11月21日)

※ eJudoメルマガ版11月21日掲載記事より転載・編集しています。
東京五輪出場へ総仕上げ、優勝に代表内定掛かる阿部詩
グランドスラム大阪2019第1日女子プレビュー(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
ブダペスト世界選手権52kg級銀メダリスト、角田夏実が電撃参戦

→グランドスラム大阪2019組み合わせ(IPPON.ORG)
文責:eJudo編集部

■48kg級 階級変更後無敵の角田夏実が初参戦、第一人者渡名喜風南が決勝で待ち受ける

(エントリー26名)

世界選手権2年連続ファイナリストの渡名喜風南(パーク24)に階級変更後無敗の角田夏実(了徳寺大職)、さらに今大会に最後の望みを掛ける近藤亜美(三井住友海上)、加えて期待の若手古賀若菜(南筑高3年)と、日本勢4名だけでもグランドスラム大会が1つ成立しかねない、非常に濃いメンバーが揃った。ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)、ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)、カン・ユジョン(韓国)と海外のトップ選手も参加しており、トーナメントの優勝難度は世界大会と比べても遜色ない。

最注目の角田はプールCに配され、渡名喜、近藤とは反対側の山を引いた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月21日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る