PAGE TOP ↑
eJudo

大一番控える丸山、阿部ら入念な調整・グランドスラム大阪2019

(2019年11月20日)

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。
大一番控える丸山、阿部ら入念な調整・グランドスラム大阪2019
eJudo Photo
様々な形の左内股を見せる丸山城志郎

グランドスラム大阪(11月22日~24日、丸善インテックアリーナ大阪)に出場する男子日本代表が20日、大阪市内で行われた調整練習を報道陣に公開した。

この日参加したのは初日に行われる60kg級と66kg級の代表。サーキットトレーニングや打ち込み、約束乱取りを中心に約1時間半汗を流した。

勝てば東京五輪日本代表に内定する可能性のある66kg級世界王者・丸山城志郎(ミキハウス)は約束乱取りを中心にじっくり調整。世界選手権で負傷した右膝の状態は「6割か7割」とのことだが、「どんなアクシデントがあっても『やはり丸山は強い』と思われる勝ち方をしたい」「一番強い存在であることを示したい」とコメントは普段と変わらず。様々なバリエーションの内股に大外刈と大技でパートナーを投げ続け、集中を高めていた。

挑む立場の阿部一二三(日本体育大4年)は、対照的に好調ぶりを自らアピール。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る