PAGE TOP ↑
eJudo

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第88回

(2019年11月11日)

※ eJudoメルマガ版11月11日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第88回
多数の受験生の形を、一々誰が審査し得るか、実行上不可能というより他はない。
eJudo Photo
嘉納治五郎師範

資料提供 公益財団法人講道館
copyright:Kodokan Judo Institute

※写真の無断転載および転用を厳に禁じます

出典:「都下各大学を卒業せんとする人々の柔道座談会」
柔道6巻3号 昭和10年3月 (『嘉納治五郎大系』未収録)

毎月、講道館から発行されている雑誌「柔道」。

柔道の歴史や嘉納師範を知る上で、貴重な史料となる長い歴史をもつ機関誌ですが、過去のものを読むと、今とは少し趣が違う面白い企画を目にすることがあります。

今回の引用元も、そういった企画の1つです。卒業予定の大学生修行者で座談会を行うのですが、集まった学生は、6大学15名。講道館からも5名(+編輯部員)が参加、総勢21名という大人数により約3時間に亘り行われた座談会です。

驚くことに、講道館の5名には師範も含まれています。
今で言うと、大学卒業予定の学生を10人以上集めて、上村春樹講道館長を筆頭に高段者が出席、座談会を行った上で、それを雑誌掲載するということですが・・・。なかなか難しそうです。

座談会の内容は、試合のことも少し語られていますが、柔道の普及や「精力善用」「自他共栄」などの柔道の精神面について質問や意見、要望が述べられ(学生がこういった話をすることが驚きですが)、師範が答えるといったことが大半をしめています。そんな中、日本大学の守田正憲氏が次のような発言をします。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る