PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]村尾三四郎がベイカー茉秋退けて90kg級制覇、100kg級は羽賀龍之介、100kg超級は階級上げた熊代佑輔がV・講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第最終日男子

(2019年11月3日)

※ eJudoメルマガ版11月3日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]村尾三四郎がベイカー茉秋退けて90kg級制覇、100kg級は羽賀龍之介、100kg超級は階級上げた熊代佑輔がV
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第最終日男子(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
90kg級決勝、村尾三四郎がベイカー茉秋から左内股「技有」

→男子7階級プレビュー

講道館杯全日本柔道体重別選手権大会は3日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で最終日の男女合わせて7階級の競技が行われた。

3階級が行われた男子、90kg級は8月の東京世界選手権で団体戦代表を務めた村尾三四郎(東海大1年)が初優勝。準決勝では昨年の全日本ジュニアで苦杯を喫した増山香補(明治大3年)を豪快な大外刈「一本」に沈め、決勝ではリオ五輪の金メダリスト・ベイカー茉秋(日本中央競馬会)から「指導」2つを奪うと、試合終了間際には内股で投げつけて「技有」。完勝で優勝を決めた。戦後のインタビューでは「自分の目標は東京五輪の金メダル、そのためには金メダリストを倒さなければいけないと思った」と充実の表情。グランドスラム大阪の代表にもぶじ選出され、上り調子で五輪二次予選に臨む。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版11月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る