PAGE TOP ↑
eJudo

[速報]友清光ら大学生勢が3階級を制覇、60kg級青木大は悲願の初優勝・講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第1日男子

(2019年11月2日)

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]友清光ら大学生勢が3階級を制覇、60kg級青木大は悲願の初優勝
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第1日男子(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)
eJudo Photo
60kg級決勝、青木大が古賀玄暉から浮技「一本」

→【プレビュー】2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・男子7階級展望

2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会は2日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で開幕。初日の男子は4階級の競技が行われた。60kg級は全日本実業個人選手権の覇者・青木大(パーク24)が優勝。他3階級は66kg級が相田勇司(國學院大2年)、73kg級が原田健士(日本体育大3年)、81kg級が友清光(国士舘大3年)といずれも大学生選手が制した。

60kg級は今季の欧州シリーズで代表を務めた優勝候補が次々陥落。第2シードの志々目徹(了徳寺学園職)が2回戦で中原諒人(東レ滋賀)にGS延長戦の小外掛「技有」、第1シードの大島優磨(旭化成)が準々決勝で山本達彦(東海大4年)に小内巻込「技有」で敗れる波乱の展開となった。その中を勝ち上がった第3シードの青木が、決勝で古賀玄暉(日本体育大3年)をGS延長戦の末に浮技「一本」で破って初優勝を決めた。青木は2015年大会に2位入賞、2014年から3度3位に入賞と好成績を残し続けながらなかなか頂点に手が届かなかったが、ついに悲願達成。「一本」宣告の瞬間は思わず両手で顔を覆い、「歳も歳(25歳)なので取り乱さないようにと思っていたが、うれしくて思わず出てしまった」と感激の面持ちでインタビューに応えていた。

混戦となった66kg級は昨年の全日本ジュニア王者、今年9月のグランプリ・タシケントでも2位に入賞した相田勇司が初優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る