PAGE TOP ↑
eJudo

【プレビュー】2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・女子7階級展望

(2019年10月30日)

※ eJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。
【プレビュー】2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会・女子7階級展望
eJudo Photo
48kg級に電撃参戦、代表入りを狙う角田夏実

→2019年度講道館杯全日本体重別選手権組み合わせ(全日本柔道連盟ウェブサイト)

文責:古田英毅

■48kg級 最注目はCブロック、角田夏実と古賀若菜が準々決勝で激突

グランドスラム大阪進出選手:渡名喜風南(パーク24)
グランドスラム大阪出場権残枠:「3」
第1シード:近藤亜美(三井住友海上) 第2シード:古賀若菜(南筑高3年)
第3シード:遠藤宏美(ALSOK) 第4シード:山﨑珠美(自衛隊体育学校)

近藤亜美をはじめ実績あるビッグネーム、そしてジュニア世代に分厚く有望株が揃ったこの階級も話題には事欠かない。それでも敢えて巨視的に見れば。最大の話題は52kg級から電撃参戦した2017年ブダペスト世界選手権銀メダリスト角田夏実(了徳寺大職)と、今季の選抜体重別王者で国際大会無敗(グランプリ・モントリオール1位、世界ジュニア選手権1位)の古賀若菜(南筑高3年)の対決ということになるだろう。両者は同ブロックに配置され、早くも3回戦(準々決勝)で激突する。

52kg級でも際立っていた角田の体の強さがもし減量後も維持されるとなれば凄まじい脅威。バリエーション豊かな、そして良い意味で我儘で一方的な巴投と腕挫十字固の威力がそのまま持ち込まれた場合48kg級の選手が止めるのは簡単ではないと思われ、その場合興味はもはや国際大会の一線級とどれだけやれるのかという位相に移る。角田のコンディションが最大の焦点だ。

一方の古賀は4月の選抜体重別を制する快挙を成し遂げ、ワールドツアーデビュー戦のグランンプリ・モントリオールでいきなり優勝するなど順風満帆であったが、9月の全日本ジュニア決勝では渡邊愛子(東海大1年)に苦杯。国際大会への適性を見せる一方で「狙われた」状況での戦術的な引き出しや取り切る方法論の整備に課題を見せている。体の強さと復数種を使い分ける大内刈の威力、そして抜群の勝負勘で勝ち抜いてはいるが、挑戦者から「受けて立つ」立場にステージを変えてなおすべてを退けるだけの幅があるかとなると少々厳しい。インターハイや全日本ジュニアなどこれまでの内容を見る限り、百戦錬磨の角田の攻撃を凌ぎ切るのは難しいのではないか。試合が縺れれば縺れるほど勝機は角田に傾くはず。先に投げて勝つしかない。

とはいえこれらすべて、角田のコンディションが整っているという前提にたってのもの。減量を経てどこまであのパフォーマンスが残せるのか。注目である。

もう1つの重要トピックは近藤亜美の復活なるか。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る